読了時間:約 3

Appleの販売するiPhoneは日本でシェア率7割の大人気スマホです。世界でも第2位のシェア率ですが、日本での人気は別格といえます。

iPhone、格好いいですよね。オシャレで高級感があって、これを選んでおけば間違いない安心感もあります。

Appleは元々ブランドのイメージ戦略が上手い企業ですが、iPhoneでも見事にそれで成功しています。今後もスマホ市場を牽引していくことは間違いなさそうです。

一方、世界では8割以上のユーザーがAndroid端末を使用しています。世界市場でのシェア率第1位はSamsungのGalaxyです。

近年では世界シェア率第3位のHUAWEIが日本でも存在感を示すなど、「スマホ=iPhone」というイメージは以前より薄れています。なぜ日本でもAndroidの注目が高まっているのでしょうか。

理由のひとつとしては、AndroidにもiPhoneに負けないようなサクサク動く高性能の機種が続々と登場していることが挙げられます。このページでは、そんなiPhoneにも負けないようなAndroidの高スペック機種をピックアップして紹介します。

iPhoneとAndroidを単純に比較することは難しい

まず大前提として、iPhoneとAndroidを比較することはそう簡単ではありません。なぜなら、OSが違うからです。

iPhoneのOSはiOS、AndroidはもちろんAndroidです。OSはその機種の中身と言えますが、それが違うため両者を明確な数字などで比べることが難しいのです。

それを何とか比較するためには多角的に機種を見ていく必要があります。ここでは、CPU、RAM、ディスプレイ、カメラ、バッテリーの5つを指標とし、それに優れたAndroid機種を紹介します。

もちろん前提としてはサクサク動くことです。「サクサクは動かないが、カメラ性能だけは優れている」というような機種は除外します。

CPUとは

CPUとは、スマホ(コンピュータ)の中央処理装置です。演算や情報転送やコンピュータの制御がCPUによって行われています。

このCPUも機種ごとに搭載しているものが違い、例えばiPhone 8であればA11 Bionicというやはり独自のものとなっています。ただ、Android同士であれば簡単に比較できる場合があります。

Androidには、アメリカのクアルコム社が開発するSnapdragon(スナップドラゴン)を採用している機種が多いです。そしてSnapdragonは種類とランクが細かく分かれていて、Snapdragon同士の比較が容易なのです。

現在のSnapdragonで最高のものはSnapdragon 845です。なので、Snapdragonを採用するスマホであれば、Snapdragon 845でない機種はそれだけで今回のオススメ候補からは除外できます。

RAMとは

RAMは以前までメモリとよく言われました。RAMはRandom Access Memoryの略称で、常にアクセスできるメモリという意味です。

RAMはよく作業机に例えられます。作業机は大きければ大きいほど、多くのものが置けますし、少々散らかっていても作業がはかどりますよね。

それと同様、RAMは基本的に多く積まれていれば積まれているほど良いです。今のスマホであれば1GB~6GBの間に収まります。

RAM1GBのスマホより、6GBのスマホのほうが優れている、とは一概には言えないのですが、少なくともRAMに関しては6GBのほうが絶対にいいと言えます。

ディスプレイは有機ELが優れている

ディスプレイの比較ですが、前提として液晶ディスプレイより有機ELディスプレイのほうが優れているものとして話します。

有機ELディスプレイは、液晶ディスプレイよりも自然な色合いを出せます。また、少電力で済むため省エネに繋がり、スマホのバッテリー持ちが良くなります。

直射日光の下では液晶ディスプレイより見にくい点や、「焼き付き」のリスクがあることも事実ですが、テクノロジーとしては間違いなく液晶ディスプレイの上を行くものとして研究・開発が進められています。

スマホでもハイエンド機は続々と有機ELディスプレイを採用しています。よって、液晶ディスプレイのスマホより、有機ELディスプレイのスマホをここでもオススメします。

それ以外では、解像度に注目します。解像度はディスプレイサイズに対してピクセル数が多いほど、ディスプレイの表示がきめ細かくなります。

最新iPhoneも採用の有機ELディスプレイ(OLED)って何?どう違う?

カメラはデュアルカメラ以上を優先する

このところ、デュアルカメラを採用する機種が増えています。デュアルカメラとは、カメラユニットを2基並べて、1回の撮影のために2基のカメラユニットを同時に使うことができるものをいいます。

そのおかげで被写体の距離をより正確に測れたり、キレイに写せたりすることができます。もはやデュアルカメラ自体もそこまで珍しいものではないため、未だシングルカメラのものはオススメ機種からは外します。

後は有効画素数や、デュアルカメラゆえの優れた機能に注目します。

最新スマホのデュアル・トリプルカメラの性能・仕組みをレビュー

バッテリーの容量は多いほどいい

バッテリー容量は単純に多いほどいいです。スマホの起動時間はバッテリー容量だけで決まるわけではありませんが、やはり多いものほど起動時間は長くなりやすいです。

それに加えて、最近のスマホはバッテリー消費の効率化を図っているものも多いので、そういった技術にも目を向けます。

iPhone代表はこの機種

それでは以上5つのポイントを中心に、まずはiPhoneのスペックを見てみましょう。iPhoneのうち取り上げるのは、iPhone 8iPhone Xとします。

iPhone 8は現在もっとも標準的なiPhoneであること、iPhone Xは既存のiPhoneのハイエンド機であることが理由です。

iPhone 8のスペック


画像引用元:https://www.apple.com/jp/shop/buy-iphone/iphone-8#00

スペック表 iPhone 8
OS iOS11
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
ニューラルエンジン
組み込み型M11モーションコプロセッサ
RAM 2GB
内部ストレージ 64GB/256GB
外部ストレージ 非対応
大きさ 約138.4mm(高さ)×約67.3mm(幅)×約7.3mm(厚さ)
重さ 248g
ディスプレイ 4.7インチ(液晶ディスプレイ)
解像度 1,334×750
背面カメラ 約1,200万画素(シングルカメラ)
正面カメラ 約700万画素
防水 IP67
生体認証 指紋センサー(ホームボタン)
ヘッドフォンジャック なし
バッテリー 1,821mAh
通信方法 FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
値段 78,800円(税抜)/95,800円(税抜)
  • CPU……A11 BionicというiOS独自のものです。これは既存のApple製品の中で最高のものです。
  • RAM……2GBですね。正直これは少ないです。
  • ディスプレイ……4.7インチの液晶ディスプレイです。解像度は1,334×750で、特別にきめ細かいわけではありません。
  • カメラ……シングルカメラです。有効画素数は約1,200万となります。これも特別に優れているとは言い難いです。
  • バッテリー……容量は1,821mAhです。これは少ないと言えるかもしれません。評判としても、iPhone 8の電池持ちが良いという話は聞きませんね。

このように見てみると、CPUを除くとiPhone 8は実はそれほどスペックが高い機種ではないことがわかります。そのCPUこそがAndroidにはない肝であるとも言えますが、これだけでAndroidを一蹴できるかは意見が割れるところです。

iPhone Xのスペック


画像引用元:https://www.apple.com/jp/iphone-x/?afid=p238%7CsmwgIyh9Z-dc_mtid_20925qtz40402_pcrid_221005131259_&cid=wwa-jp-kwgo-iphone-slid-

スペック表 iPhone X
OS iOS11
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A11 Bionicチップ
ニューラルエンジン
組み込み型M11モーションコプロセッサ
RAM 3GB
内部ストレージ 64GB/256GB
外部ストレージ 非対応
大きさ 約143.6mm(高さ)×約70.9mm(幅)×約7.7mm(奥行き)
重さ 174g
ディスプレイ 5.8インチ(有機EL)
解像度 2,436×1,125
背面カメラ 約1,200万画素(広角カメラ+望遠カメラのデュアルレンズ)
正面カメラ 約700万画素
防水 IP67
生体認証 顔認証
ヘッドフォンジャック なし
バッテリー 2,716mAh
通信方法 FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、66)
TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42)
TD-SCDMA 1,900(F)、2,000(A)
CDMA EV-DO Rev. A(800、1,900、2,100MHz)
UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz)
GSM/EDGE(850、900、1,800、1,900MHz)
値段 112,800円(税抜)/129,800円(税抜)
  • CPU……A11 Bionicです。iPhone 8と同じものです
  • RAM……3GBです。iPhone 8の2GBより多いです。
  • ディスプレイ……5.8インチの有機ELディスプレイです。解像度も2,436×1,125と抜群です。文句なしに素晴らしいディスプレイです。
  • カメラ……広角カメラと望遠カメラのデュアルカメラです。これにより背景をぼかして被写体を際立たせるポートライティングを活かせます。有効画素数はiPhone 8と同じ約1,200万画素です。
  • バッテリー……2,716mAhです。iPhone 8の1,821mAhよりだいぶ優れています。

iPhone Xはさすがといったところでしょうか。ディスプレイとカメラは全スマホの中でも最高品質です。

ただRAMとバッテリー容量は最高というほどではありません。

iPhoneXとiPhone8はどっちがいい?選ぶべきポイント

ずばりオススメのAndroid機種はこれ!

それでは、CPU、RAM、ディスプレイ、カメラ、バッテリーの観点から、いよいよオススメのAndroid機種を紹介していきます。

Galaxy S9+


画像引用元:http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9/?cid=jp_ppc_google_s9_20180518

1 2