iPhoneに負けない!サクサク動くおすすめAndroidスマホ5選

iPhoneとAndroidの違いを比較して、おすすめ機種をランキングでご紹介していきます。iPhoneの様にサクサク動くAndroidは年々増えてきていて、スペックも機能はiPhoneを超えている機種も多くあります。Androidへ乗り換えを考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

  • 2022年8月15日
iPhoneに負けない!サクサク動くおすすめAndroidスマホ5選

最近ではミドルスペックのスマホであっても、動画視聴やカメラ撮影などを手軽に楽しむことが可能です。

しかし、性能・機能はハイスペックのスマホの方が優れていますし、iPhone・Androidという違いもあります。

スマホを選ぶ際にはiPhone・Androidの違いを確認し、機種の強みを理解しておくことが重要でしょう。

本記事では、iPhoneにも負けないサクサク動くおすすめのAndroidスマホ5選を紹介し、性能や機能の比較方法も紹介します。

auは人気新機種がお得!
機種1位2位3位4位
本体iPhone SE3iPhone SE3AQUOS wishAQUOS wisharrows Wearrows We FCG01AQUOS sense6AQUOS sense6 SHG05
価格34,615円~22,001円~21,068円~32,430円~
特徴コスパの良さが魅力
Apple最新スマホ
飽きずに長く使える
カジュアルスマホ
初心者でも使いやすい
シンプルなスマホ
初心者でも使いやすい
バランススマホ
購入公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

サクサク動くAndroidスマホの選び方

高スペックスマホといえばiPhoneのイメージが強く、日本ではブランドイメージもあっていまだ根強い人気を誇っています。

しかし最近はAndroidも高スペックの機種が多く発売され、ゲームに特化した独自機能を搭載したゲーミングスマホも注目を集めています。

そんなAndroidスマホを比較するための重要なポイントを更に詳しく解説していきます。

iPhoneとAndroidの性能を単純に比較することは難しい

Galaxy A52 5Gの機能を評価レビュー
Galaxy A52 5G

iPhoneとAndroidの決定的な違いは、OSが違うという点です。

  • iPhone:iOS(Appleが開発・提供)
  • Android:Android OS(Google社が開発・提供)

iPhoneはAppleが独自に開発・提供するOS「iOS」を利用しており、シンプルで使い勝手が良く、動作が安定しているのが特徴です。

「iOS」はサポート期間が長く、古い端末でも最新のものにアップデートして長く使うことができるのも魅力のひとつでしょう。

対して、AndroidはGoogle社が開発した「Android OS」を搭載したスマートフォンの総称で、各デバイスメーカーに無償提供されています。

様々なメーカーが製造・販売しているため、機能・デザイン・特徴など各社独自の方向性があり種類が豊富です。

この「OS」の違うiPhoneとAndroidを単純に比較するのは難しく、正しく比較するためにはそれぞれの端末を多角的にみていく必要があります。

ここではCPU、RAM、ディスプレイ、カメラ、バッテリーの5つを指標として、どのような点に注目すべきかを解説しましょう。

「CPU」はサクサク動くスマホの頭脳

A14チップ
サクサク動くAndroidスマホの選び方1

サクサク動くスマホに一番大切なものは、スマホの頭脳とも言われている「CPU」です。

CPUによって演算処理のスピードや各パーツへの指令など全体をコントロールしています。

ゲームのような負荷が大きいアプリをスムーズに動かすためには、処理能力の高いCPUが必要となるので、比較する際は必ずチェックしたいポイントです。

iPhoneのCPUはOSと同じくApple独自のものとなっており、2021年発売のiPhone 13からは最新のA15 Bionicチップが搭載されています。

対して、AndroidのCPUは、アメリカのクアルコム社が開発する「Snapdragon(スナップドラゴン)」を採用している機種が多いです。

「Snapdragon」は種類とランクが細かく分かれていて、スペックの比較が容易です。例えば2022年8月現在はSnapdragon 8+ Gen 1が最高ランクとなっています。

Snapdragon採用のゲームがサクサク動くスマホという基準で考えれば、Snapdragon 800番台までがおすすめ候補といえるでしょう。

「RAM」は綺麗なグラフィックゲームを楽しみたいなら4~6GB

Xperia シリーズ
サクサク動くAndroidスマホの選び方2

「RAM」はRandom Access Memoryの略称で、作業容量・作業スペースのことです。

RAMは作業机に例えられることが多く、広げられる机のスペースが広ければ広いほど作業が捗り、作業の同時進行も可能となるイメージです。

つまり、RAMが大きいほどスマホ内の作業スペースに余裕があるため、処理が進みやすくサクサク動くようになります。

一般的なスマホに搭載されれているRAMは2~4GBですが、グラフィックの綺麗なゲームを楽しみたい場合は6GB程度が理想です。

「ディスプレイ」は有機ELが優れている

Xperia 1 II(エクスペリア ワン マークツー) | ディスプレイ
サクサク動くAndroidスマホの選び方3

スマホでゲームや動画を楽しむ場合、サイズが大きいほうが楽しめるのはもちろんですが、有機ELディスプレイを選ぶのも大切です。

有機ELは、液晶よりも色が鮮明でコントラストのはっきりした高画質を実現できます。

また、液晶よりも軽いので端末自体も軽くなり、バッテリー消費も少ないため手に持って長時間使用するのに向いています。

有機ELにくわえ解像度やリフレッシュレートが高いほうが綺麗な画面を楽しめますが、その分CPUやRAMも高いスペックを要するため注意しましょう。

カメラはデュアルカメラ以上を優先しよう

Galaxy A52 5Gカメラ機能
サクサク動くAndroidスマホの選び方4

昨今スマホで一番比較されているのは、やはりカメラ性能でしょう。サクサク動くスマホ、かつ高性能カメラ搭載が絶対条件になってきています。

基本的に最近のAndroid端末の場合は2基のカメラユニットを同時に使うデュアルカメラ、ハイエンドモデルでは3基のトリプルカメラが主流です。

これから購入する場合は、一般的なデュアルカメラ以上の端末を選べば困ることはないでしょう。

長時間ゲームや動画を楽しむために「バッテリー容量」は多いほどいい

サクサク動くAndroidスマホの選び方5

「バッテリー容量」は単純に多いほど良いです。

スマホの起動時間はバッテリー容量だけで決まる訳ではありませんが、やはり多いものほど起動時間は長くなる傾向です。

また、最近では5Gに対応する機種も増えており、大容量かつ高速通信の利用によってバッテリーの消費が激しくなっています。

そのため、ゲームや動画を長時間楽しむことを考えれば、容量が4,000mAh以上必要といえるでしょう。

iPhoneからAndroidにおすすめな機種5選

おすすめ
サクサク動くおすすめAndroid

ここからはiPhoneからAndroidに切り替える方におすすめの機種を5つ紹介していきます。

Androidでもサクサク動く最新機機種をピックアップしたので、機種変更の参考にしてみてください。

今回ご紹介するのは以下の5機種です。

それぞれの機種の特徴やおすすめポイントを詳しく見ていきましょう!

1位:Xperia 1 IV

  • Xperia 1 III
  • Xperia 1 III
  • Xperia 1 III
サクサク動くAndroidランキング1位
Xperia 1 IV スペック&価格
OSAndroid 12
CPUSnapdragon® 8 Gen 1 Mobile Platform
RAM/ROM12GB/256GB
ディスプレイ約6.5インチ/21:9ワイドディスプレイ
有機EL/4K/HDR対応/最大120Hz駆動
サイズ約71mm×約165mm×約8.2mm(最厚部 約9.7mm)
重量約187g
メインカメラ約1,220万画素(超広角)
約1,220万画素(広角)
約1,220万画素(望遠)
3D iToFセンサー
フロントカメラ約1,220万画素
バッテリー5,000mAh
その他・指紋認証
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・ワイヤレス充電対応
・イヤホンジャック搭載
端末代金(税込)
※プログラム、ポイント還元利用時の価格
ドコモ:110,352円
au:111,090円
ソフトバンク:102,240円
Xperia 1 IVをおすすめする理由
  • 4K 120Hz HDRディスプレイで圧倒的映像美
  • 目で見た質感に近いリアルな写真撮影
  • ゲームに特化した様々な機能
Xperia 1 IVをおすすめしない理由
  • 発売直後の発熱報告が多い
  • 20万円近い高額な価格設定

Xperia 1 IVは、ソニー製の5Gハイエンドモデル。コンパクトで軽量ながら、4K 120Hz HDRディスプレイを搭載しており圧倒的映像美が楽しめます。

カメラは可変式望遠レンズを含む3眼構成で、シチュエーションに合わせて最適な撮影が可能です。

iPhoneが「ソフトウェアに注力したスマホ」であるのに対して、Xperia 1 IVは「ハードウェアに注力したスマホ」だと言えます。

iPhoneのように「手軽に綺麗な撮影」もできますが、設定を突き詰めて撮るリアルな質感はXperia 1 IVならでは強みとなっています。

また、ディスプレイの細かい設定など、ゲーマー向けの機能が充実しているのもXperia 1 IVの特徴です。

  • ゲーム中の画面録画ができる「RTレコード」
  • 音量を調節して特定の音を聞きやすくする「オーディオイコライザー」 など

こうしたゲーム中に役立つ機能が豊富に搭載されています。

価格は高額ですが、ゲームやカメラ用途ならおすすめの機種です。

Xperia 5 IIIの評価レビュー|買う理由・買わない理由

2位:Galaxy S22 Ultra

  • Galaxy S22 Ultra
  • Galaxy S22 Ultra
サクサク動くAndroidランキング2位
Galaxy S22 Ultra スペック&価格
OSAndroid 12
CPUSnapdragon® 8 Gen 1 Mobile Platform
RAM/ROM12GB/256GB
ディスプレイ約6.8インチ/3,088×1,440(Quad HD+)
Dynamic AMOLED(有機EL)
サイズ約W78×H163×D8.9mm(最厚部10.5mm)
重量約229g
メインカメラ約1億800万画素(広角)
約1,200万画素(超広角)
約1,000万画素(望遠3倍)
約1,000万画素(望遠10倍)
フロントカメラ約4,000万画素
バッテリー5,000mAh
その他・指紋/顔認証
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・ワイヤレス充電対応
・Sペン付属
・イヤホンジャック非搭載
端末代金(税込)
※プログラム、ポイント還元利用時の価格
ドコモ:94,864円
au:107,180円
Galaxy S22 Ultraをおすすめする理由
  • 付属するSペンは端末に収納可能
  • 4眼カメラによるクリアで鮮明な撮影
  • 堅牢アルミフレームでスリムなデザイン
Galaxy S22 Ultraをおすすめしない理由
  • 使い方によってはバッテリーの減りが早い
  • イヤホンジャック非搭載・SDカード非対応

Galaxy S22 Ultraは、サムスン製の5Gスマホ。

Galaxy Sシリーズとしては初めてSペンを内蔵できるようになっていますが、アルミフレームを採用したボディはスリムかつスマートです。

Sペンを使えばメモはもちろん、スケッチやスマートフォン操作などを快適に行えます。

また、最大1億800万画素の4眼カメラは大型イメージセンサーを採用したことで夜景などシチュエーションを問わずクリアで鮮明な撮影が可能です。

本体サイズや性能・機能などからiPhone 13 Pro Maxと比較されますが、Sペンを使ってタブレット的に使えるのはGalaxy S22 Ultraの強みです。

使い方によってはバッテリーの減りが早い点、イヤホンジャックやmicro SDカードには対応していない点がデメリットとなるかもしれません。

3位:AQUOS R7

  • AQUOS R7
  • AQUOS R7
サクサク動くAndroidランキング3位
AQUOS R7 スペック&価格
OSAndroid 12
CPUSnapdragon® 8 Gen 1 Mobile Platform
RAM/ROM12GB/256GB
ディスプレイ約6.6インチ/Pro IGZO OLED
WUXGA+(1,260 × 2,730)
サイズ約161mm×約77mm×約9.3mm(突起部除く)
重量約208g
メインカメラ約4,720万画素 CMOS
190万画素(測距用センサー)
フロントカメラ約1,260万画素 CMOS
バッテリー5,000mAh
その他・指紋/顔認証
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・ワイヤレス充電対応
・イヤホンジャック搭載
端末代金(税込)
※プログラム、ポイント還元利用時の価格
ドコモ:114,840円
ソフトバンク:94,680円
AQUOS R7をおすすめする理由
  • コンデジに匹敵するカメラ性能
  • 5,000mAh+IGZOディスプレイでバッテリー長持ち
  • 美しくタッチ感度良好なディスプレイ
AQUOS R7をおすすめしない理由
  • ユーザーによってはカメラに不満も
  • 本体価格が高い

AQUOS R7はライカ監修1インチセンサーの大型カメラを搭載した独特のスマホです。

前モデルAQUOS R6よりAF性能が向上しており、どのようなシチュエーションでも手軽に綺麗な写真撮影が可能です。

露出がオーバーしやすいなど使い方によっては不満もありますが、コンデジに匹敵するカメラ性能を実感することができるでしょう。

ソフトウェアに頼らない大型センサーによるクリアな質感の撮影は他のスマホではなかなか難しいはずです。

また、IGZOディスプレイの省エネ技術でバッテリーが長持ちする点、視認性が高くタッチ感度が良好な点もメリットとなっています。

一括価格は20万円を超えますが、ドコモやソフトバンクのプログラムを利用してお得にすることが可能です。

4位:OPPO Reno7 A

  • OPPO Reno7 A
  • OPPO Reno7 A
サクサク動くAndroidランキング4位
OPPO Reno7 A スペック&価格
OSColorOS 12(based on Android 11)
CPUSnapdragon® 695 5G Mobile Platform
RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイ約6.4インチ/有機EL
FHD+(2400×1080)
サイズ約W74×H160×D7.6mm(最厚部 7.8mm)
重量約175g
メインカメラ約4,800万画素(広角)
約800万画素(超広角)
約200万画素(マクロ)
フロントカメラ約1600万画素
バッテリー4,500mAh
その他・指紋/顔認証
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・イヤホンジャック搭載
端末代金(税込)
※プログラム、ポイント還元利用時の価格
au:34,960円
楽天モバイル:37,800円
OPPO Reno7 Aをおすすめする理由
  • 手ごろな価格で普段使いに十分な性能
  • 視認性が高い有機EL+90Hzリフレッシュレート
  • RAMの拡張機能を搭載
OPPO Reno7 Aをおすすめしない理由
  • 動画撮影機能は不足
  • AQUOS senseなどライバル機と比較してバッテリー持ちは弱い

OPPO Reno7 Aはau・楽天モバイル・格安SIMなどから販売されているミドルスペックスマホです。

ミドルスペックではありますが、RAMは6GBと十分な容量で普段使いならストレスなく使えます。

視認性が高い有機EL+90Hzリフレッシュレートも搭載しており動画視聴にも適していますし、RAMの拡張機能に対応しているのも魅力です。

Androidはもちろんコスパに特化したiPhone SE(第3世代)と比較しても価格も安くおすすめです。

5位:Google Pixel 6a

  • Google Pixel 6a
  • Google Pixel 6a
  • Google Pixel 6a
サクサク動くAndroidランキング5位
Google Pixel 6a スペック&価格
OSAndroid 12
CPUGoogle Tensor
RAM/ROM6GB/128GB
ディスプレイ約6.1インチ/有機EL
FHD+(1,080 x 2,400)
サイズ約W71.8×H152.2×D8.9(mm)
重量約178g
メインカメラ約1,220万画素(広角)
約1.200万画素(超広角)
フロントカメラ約800万画素
バッテリー4,410mAh
その他・指紋認証
・防水/防塵
・おサイフケータイ
・イヤホンジャック非搭載
端末代金(税込)
※プログラム、ポイント還元利用時の価格
au:27,830円
ソフトバンク:33,840円
Google Pixel 6aをおすすめする理由
  • 上位モデルと同じCPUでレスポンス良好
  • 消しゴムマジックなど独自機能搭載
  • 手ごろな価格で購入可能
Google Pixel 6aをおすすめしない理由
  • カメラはユーザーによって賛否が分かれる
  • イヤホンジャックは非搭載

Google Pixel 6aは、シリーズの廉価版という位置づけで販売されたモデルです。

とはいえ上位モデルと同じCPUを搭載しており基本動作はサクサク。また、消しゴムマジックなどGoogle Pixelならではの独自機能も備えます。

手ブレ補正や夜景モードなど、カメラの処理能力の高さはiPhone 11以降のシリーズに肩を並べるほど優秀です。

ただし、色表現や撮影時の歪みなど、カメラのソフト面に辛口な評価をつけるユーザーもいるようです。

全体的には完成度が高く、おサイフケータイ・防水・防塵など必要機能を備えた、万人におすすめのスマホとなっています。

サクサク動くおすすめiPhoneは?

iPhone13
iPhone 13

サクサク動くおすすめのiPhoneは、2021年9月に発売された最新モデル「iPhone 13」です。

iPhone 13 主要スペック表
OSiOS15
CPUA15 Bionicチップ
RAM/ROM4GB/128GB・256GB・512GB
ディスプレイ約6.1インチ
60Hzディスプレイ
サイズ幅71.5×高さ146.7×厚さ7.65mm
重量約173g
メインカメラデュアル12MPカメラシステム(広角/超広角)
フロントカメラ12MPカメラ
バッテリービデオ再生:最大19時間
ビデオ再生(ストリーミング):最大15時間
オーディオ再生:最大75時間
その他Dolby Vision対応HDRビデオ撮影
シネマティックモード
4Kビデオ撮影
端末代金(税込)
※一括価格
128㎇の場合
ドコモ:138,380円
au:137,295円
ソフトバンク:138,240円
楽天モバイル:117,800円

iPhone 13は最新のA15 Bionicチップを搭載しており、5Gにも対応しているためゲームや映像視聴など大容量コンテンツも楽しめます。

また、広角・超広角レンズのデュアルカメラを搭載しており、センサーシフト光学式手ぶれ補正機能にも対応しているため、誰でも簡単に綺麗な撮影が可能です。

そして、ディスプレイにはOLEDを採用。iPhoneシリーズ史上最高の美しさを実現しています。

何より、Appleの定期的かつ長期間のソフトウェアアップデートで発売から長く使っていけるのはiPhoneシリーズならではの魅力です。

▲目次に戻る

最新AndroidはiPhoneに負けないくらいサクサク動く!

Xperia 5 IIIのゲーム性能
ゲームもサクサク動く!

今回はゲームや動画視聴に役立つものや、日常使いでサクサク動くAndroidスマホおすすめ機種5選をご紹介しました。

本体へ負荷がかかりやすく容量の大きいゲームをする場合、できるだけハイスペックでデータ処理能力が高い機種である方が好ましいです。

最新のiPhone 13ではA15 Bionicが搭載され、よりハイスペックになりましたが、Androidスマホも独自機能を搭載した魅力的な機種が多数存在します。

また、近年はミドルスペックであっても日常使い以上の動作性能を実現したスマホが登場しています。

ぜひ本記事を参考にして、自身に最適なスマホを手に入れてはいかがでしょう。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
natsumi
高校生から現在まで、auユーザーのフリーライター。 大学時代に携帯キャンペーンガールとして3年間働いていた経験があるため、 各キャリアのキャンペーン内容やスマホ機種の解説はお任せください。 どんな情報も分かりやすくお伝えしていきます!