iPhoneに負けない!サクサク動くおすすめAndroidスマホ3選

  • 2020年8月13日
iPhoneに負けない!サクサク動くおすすめAndroidスマホ3選
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

最近では高スペックなスマホが普及し、スマホでどこにいても手軽に本格的なゲームや動画を楽しむ方が増えてきました。

スマホでゲームや動画を楽しむためにはどのようなスペックや機能が重要なのでしょうか?

人気の新型iPhoneとサクサク動くおすすめのAndroidスマホ3選を紹介し、性能や機能の比較方法も紹介します。

Androidスマホおすすめランキング【2020年最新】全キャリア徹底比較

サクサク動くスマホのポイント

サクサク動くスマホと言っても搭載される機能によっても変わってきます。それを踏まえて何が重要なのか、ポイントを絞って見ていきましょう。

  • CPUはSnapdragon 845あたりまでがおすすめ
  • RAMは6GB程度が理想
  • ディスプレイは有機EL
  • カメラはデュアルカメラ以上
  • バッテリー容量は多いほどいい

上記の5つのポイントは現在発売中のスマホで特にユーザーが注目している機能・性能となります。おすすめ3選もこちらを比較してみましょう。

サクサク動くおすすめのiPhoneはこれ

それでは以上5つのポイントを中心に、まずはiPhoneから代表してiPhone 11とiPhone 11 Proのスペックを見てみましょう。

iPhone 11とiPhone 11 Proの魅力は最新のA13 Bionicチップが搭載されていることです。

iPhoneは価格が高いのがネックですがiPhone 11の場合は廉価版となるため、価格ではAndroid端末に近いかもしれません。

カメラはiPhone 11がデュアルカメラで6.1インチ(液晶)iPhone 11 Proがトリプルカメラで5.8インチ(有機EL)となっています。

Apple:iPhone 11のスペック

Apple:iPhone 11のスペック
画像引用元:iPhone 11 | iPhone | NTTドコモ

iPhone 11 スペック表
OSiOS 13
CPUA13 Bionicチップ
容量64GB、128GB、256GB
ディスプレイ6.1インチ
Liquid Retina HD
1,792×828
サイズ、重量150.9mm×75.7mm×8.3mm
194g
カメラアウトカメラ:デュアル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
インカメラ:12MP f/2.2
バッテリービデオ再生:最大17時間
その他・IP68等級
・ワイヤレス充電
2019年発売「iPhone 11」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

Apple:iPhone 11 Proのスペック

Apple:iPhone 11 Proのスペック
画像引用元:iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max | iPhone | NTTドコモ

iPhone 11 Pro スペック表
OSiOS 13
CPUA13 Bionicチップ
容量64GB、256GB、512GB
ディスプレイ5.8インチ
Super Retina XDR
2,436×1,125
サイズ、重量144.0mm×71.4mm×8.1mm
188g
カメラアウトカメラ:トリプル12MP
超広角:f/2.4
広角:f/1.8
望遠:f/2.0
インカメラ:12MP f/2.2
バッテリービデオ再生:最大18時間
その他・IP68等級
・ワイヤレス充電
iPhone 11とiPhone 11 Proを徹底比較|おすすめはどっちか?その理由

サクサク動くおすすめのAndroidスマホ3選

Galaxy S10+

Galaxy S10+
画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10+ スペック表
OSAndroid™9.0
CPU2.8GHz/2.4GHz + 1.7GHz
Snapdragon 855
RAM/ROM8GB/128GB
ディスプレイ約6.4インチ
Dynamic AMOLED(有機EL)Quad HD+(1,440×3,040)
サイズ約158mm×約74mm×約7.8mm
約175g
カメラアウトカメラ:約1200万画素、約1600万画素、約1200万画素
インカメラ:約1000万画素、約800万画素
バッテリー4000mAh
その他・microSDXC 対応
・IPX5/IPX8, IP6X
・超音波指紋認証、顔認証
・ゲーム専用機能「Game Launcher」「Game Tools」搭載
・サムスン独自の冷却システムを搭載

「Galaxy S10+」はサムスンから2019年夏モデルとして発売された10世代目のフラグシップモデルです。

6.1インチの「Galaxy S10」に比べ6.4インチと大き目の有機ELで、見やすいのが特徴。最新のSnapdragon 8558GBのRAM4000mAhのバッテリーも魅力。

更にゲーム中の通知制限などができる「Game Launcher」ベイパーチャンバー冷却システムが搭載され長時間の使用にも耐えられるようになりました。

ゲームや動画好きには嬉しい機能が多いですね。

オリンピック限定カラーもあります!

Xperia 5

Xperia 5
画像引用元:Xperia 5 SO-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Xperia 5 スペック表
OSAndroid™9.0
CPU2.8GHz+2.4GHz+1.7GHz オクタコア
Snapdragon 855
RAM/ROM6GB/64GB
ディスプレイ約6.1インチ Full HD+/有機EL X1 for mobile
サイズ、重量約158mm × 約68mm × 約8.2mm
約164g
カメラアウトカメラ:約1220万画素、約1220万画素、約1220万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー3000mAh
その他・ゲームエンハンサー 搭載
・ダイナミックバイブレーションシステム
・IPX5/8、IP6X
・生体認証(指紋)
・ハイレゾ 対応

「Xperia 5」はソニーモバイルのゲーミング関連機能を強化したフラグシップモデルです。(auとソフトバンクは10月25日、ドコモは11月1日発売)

最新のSnapdragon 855を搭載し、RAMは6GB、ROMは64GB、バッテリー容量は3000mAh

独自のゲームプレイを快適にする機能「ゲームエンハンサー」はXperia 1から進化して新機能が搭載されました。

ドコモ Xperia 5の評価レビュー|買う理由と買わない理由

AQUOS zero2

「AQUOS zero2」
画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

AQUOS zero2 スペック表
OSAndroid™10
CPUSnapdragon™ 855 mobile platform
2.8GHz+1.7GHz オクタコア
RAM/ROM8GB/256GB
ディスプレイ約6.4インチフルHD+(2,340×1,080ドット) 有機EL
サイズ、重量約158mm×約74mm×約8.8mm
約143g
カメラアウトカメラ: 約1,220万画素、約2,010万画素
インカメラ:約800万画素
バッテリー3,130mAh
その他・顔認証、指紋認証(画面内)
・4倍速ディスプレイ
・リフレッシュレート120Hz
・タッチ性能240Hz(4倍速)
・2019年冬発売予定

「AQUOS zero2」はシャープの今冬発売予定となっているゲーム向けフラグシップモデルです。(ドコモ、au、ソフトバンクで取扱い)

最新のSnapdragon 855を搭載し、RAMは8GB、ROMも256GBと強化されていますし、6.4型の有機ELディスプレイリフレッシュレート120Hzで美しいグラフィックを楽しめます。

充電時の発熱を抑える機能パラレル充電を搭載しているので充電しながらのプレイも可能でストレスフリーなゲーム環境と言えるでしょう。

ドコモ AQUOS zero2の評価レビュー|買う理由と買わない理由
サクサク動くAndroidスマホまとめ
  • 「Galaxy S10+」は最新のCPUとバッテリー容量が魅力
  • 「Xperia 5」はソニー独自のゲーム機能が満載
  • 「AQUOS zero2」は待ってでも手に入れたいゲーム向けフラグシップモデル

サクサク動くAndroidスマホの選び方

Apple:iPhone 11 Pro
画像引用元:iPhone – Apple(日本)

これまでは高スペックスマホといえばiPhoneのイメージが強く、日本ではブランドイメージもあって根強い人気を誇っていました。

しかし最近はAndroidも高スペックの機種が多く発売され、ゲームに特化した独自機能を搭載したゲーミングスマホなども注目を集めています。

そんなAndroidスマホを比較するための重要なポイントを更に詳しく解説していきます。

iPhoneとAndroidの性能を単純に比較することは難しい

iPhoneとAndroidの決定的な違いは、OS(スマホで行った動作をソフトウェアに伝えて実行させるオペレーティングシステム)が違うという点です。

iPhoneはAppleが独自に開発・提供するオペレーティングシステム「iOS」を利用しており、シンプルで使い勝手が良く、動作が安定しているのが特徴です。

「iOS」はサポート期間が長く、古い端末でも最新のものにアップデートして長く使うことができるのも魅力のひとつでしょう。

対して、AndroidはGoogle社が開発した「Android OS」を搭載したスマートフォンの総称で、各デバイスメーカーに無償提供されています。

様々なメーカーが製造・販売しているため、機能・デザイン・特徴など各社独自の方向性があり種類が豊富なのが特徴です。

この「OS」の違うiPhoneとAndroidの比較は単純には難しいので、正しく比較するためにはそれぞれの端末を多角的にみていく必要があります。

ここではCPU、RAM、ディスプレイ、カメラ、バッテリーの5つを指標として、どのような点に注目すべきかを解説しましょう。

「CPU」はサクサク動くスマホの頭脳

「RAM」は綺麗なグラフィックゲームを楽しみたいなら4~6GB
画像引用元:Xperia 5(エクスペリア ファイブ)| ユーザビリティ| ソニーモバイル公式サイト

ゲームがサクサク動くスマホに一番大切なものは「CPU」でしょう。「CPU」によって演算処理のスピードや各パーツへの指令など全体をコントロールしています。

処理能力の高いCPUを持っていることは負荷の高いゲームをスムーズに動かすのに必要となるので、比較する際は必ずチェックしたい点です。

iPhoneの場合はCPUもOSと同じく独自のものとなっており、今秋発売されたiPhone 11からは最新のA13 Bionicチップが搭載されています。

Androidに搭載されているCPUは、アメリカのクアルコム社が開発する「Snapdragon(スナップドラゴン)」を採用している機種が多いです。

「Snapdragon」は種類とランクが細かく分かれていてSnapdragon同士の比較が容易です。例えば現在ならSnapdragon 855 Plusが最高ランクとなっています。

Snapdragon採用のゲームがサクサク動くスマホという基準で考えれば、Snapdragon 845あたりまでがオススメ候補と言えるでしょう。

「RAM」は綺麗なグラフィックゲームを楽しみたいなら4~6GB

「RAM」はRandom Access Memoryの略称で、作業容量・作業スペースのことです。

よく作業机に例えられていますが、広げられるスペースが広ければ広いほど作業が捗り、作業の同時進行も可能となります。

一般的なスマホに搭載されれているRAMは2~4GBですが、グラフィックの綺麗なゲームを楽しみたい場合は6GB程度が理想です。

「ディスプレイ」は有機ELが優れている

「ディスプレイ」は有機ELが優れている
画像引用元:Xperia 5(エクスペリア ファイブ)| ディスプレイ| ソニーモバイル公式サイト

スマホでゲームを楽しむ場合、サイズが大きいほうが楽しめるのはもちろんですが、有機ELディスプレイを選ぶのも大切です。

有機ELの特徴は液晶よりも色が鮮明でコントラストのはっきりした高画質を実現できます。

また、液晶よりも軽いので端末自体も軽くなり、バッテリー消費も少ないので手に持って長時間プレイを楽しむのに向いています。

有機EL以外にも解像度やリフレッシュレートも高いほうが綺麗な画面を楽しめますが、その分CPUやRAMなども高スペックが必要になるので注意しましょう。

カメラはデュアルカメラ以上を優先しよう

カメラはデュアルカメラ以上を優先しよう
画像引用元:カメラ | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

今一番比較されているのはやはりカメラでしょう。サクサク動くスマホかつ高性能カメラ搭載が絶対条件になってきています。

基本的に最近のAndroid端末の場合は2基のカメラユニットを同時に使うデュアルカメラ、ハイエンドモデルでは3基のトリプルカメラが主流になっています。

これから購入する場合は、一般的なデュアルカメラ以上の端末を選べば困ることはないでしょう。

長時間ゲームを楽しむために「バッテリー容量」は多いほどいい

「バッテリー容量」は単純に多いほど良いです。

スマホの起動時間はバッテリー容量だけで決まる訳ではありませんが、やはり多いものほど起動時間は長くなりやすいでしょう。

できれば容量が3,000~4,000mAhくらいあると安心です。

スマホがサクサク動くスマホの選び方
  • CPUはSnapdragon 845あたりまでがおすすめ
  • RAMは6GB程度が理想
  • ディスプレイは有機EL
  • カメラはデュアルカメラ以上
  • バッテリー容量は多いほどいい

▲目次に戻る

最新AndroidはiPhoneに負けないくらいサクサク動く!

iPhoneにも負けない!最近のAndroidはサクサク動く優秀スマホ
画像引用元:Android 10 | Android

複雑なゲームや負荷の高いゲームをする場合、高スペックでデータ処理能力が高くサクサク動くスマホであることが求められます。

最新iPhoneはA13 Bionic搭載により更に魅力的になりました。

しかし、最近のAndroidも負けないほど高スペックでそれぞれに独自機能を搭載した魅力的なスマホとなっています。

ゲームがサクサク動くスマホを選んで、ストレスフリーでプレイを楽しみましょう。

ドコモオンラインショップと店舗のメリット|安いのは?注意点まとめ
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ