読了時間:約 2

一人暮らし用の物件を探している際、『ネット無料の物件が良いな』と考えている方は少なくないでしょう。確かに毎月3,000~5,000円程度のネット料金を節約できるのは魅力的です。

しかし、回線が既に準備されていたり、ネット無料を謳っていたりする物件は本当にお得なのでしょうか?実は一見お得に見えても細かく料金を割り出してみると損をしていた、というケースは多々あります。

そのような思わぬ落とし穴にはまってしまわないには、一人暮らしを始める前にしっかりと通信費についての知識をつけておかなければいけません。ネット回線なし・あり物件について学んでいきましょう。

2018-2019年|速度とサポートでユーザー評価の高いお得な光回線6社

インフラの中でも負担の大きい『通信費』

通信費の平均額

広義における通信費とは毎月の携帯料金と電話やネットの固定回線費を足したものを指します。一人暮らしで固定電話を持つ方は少ないため、一人暮らしにおける通信費は『携帯料金とネット回線費用の合計』と考えておけば良いでしょう。

携帯料金は大手キャリアと契約しているか、格安SIMと契約しているかによって異なりますが、大抵は2,000円から高くても10,000円程度に収まることが多いです。今回のテーマであるネット回線の費用は4,000円前後であるケースが大半でしょう。

2つを合計した通信費の平均額は6,000円から14,000円程度、確かに新社会人や進学で親元を離れる方にとっては手痛い出費だと言えます。ネット無料物件を活用するなどしてどうにか出費を抑えたいと思うのも無理はありません。

ネット環境を構築するために必要な出費


回線なし・あり物件の家賃相場を考える前に、ネット環境を構築するために必要な出費についても頭に入れておきましょう。インターネットに接続するための回線はどこにでも用意されているものではないため、マンションに設備が無い場合は工事をしなければいけません

工事費の平均額は20,000円程度、無料な場合もありますが自分で回線を契約するなら必要な出費と考えておいた方が良いです。次にネット回線を引く手続きをする際にはほとんどのケースで3,000円程度の事務手数料が掛かります。

回線なし・あり物件を比較する際に上記の費用を計算し忘れてしまうと、どちらがお得なのか見誤ってしまいかねないため注意しておきましょう。

ネット回線ありの物件は本当にお得なのか

ちょっとした利用ならお得

例えば少しだけネットサーフィンをする、たまにパソコンを使うことがある程度の利用なら回線ありの物件を選んだ方がお得です。動画視聴やネットゲームをしない限りは回線速度に不満が出ることも無いでしょう。

また、手間無く使えるのもネット回線あり物件の大きな利点のひとつです。通常、ネット回線を自宅に導入する際は、回線事業者やプロバイダーに申し込みを行ったり、工事に来てもらったりと手間が掛かります。

しかし、ネット回線あり物件の場合はそれらの手間が一切必要なく、プロバイダー料金まで含めてネット料金が無料の物件であれば引っ越したその日からネットが使えることすらあるのです。

注意点として、回線設備はあってもプロバイダーは自分で選んで契約する必要がある場合は開通までに時間が掛かったり、工事が必要だったりするケースもあります。

引っ越してすぐにネットを使い始めたいのであれば、物件を決める前に『指定のプロバイダーはあるか?』、『最短だとどのくらいでネットが使えるようになるのか』と不動産会社や大家さんに確認しておきましょう。

がっつり使うならおすすめ出来ない


ライトユーザーであれば回線ありの物件でも問題ありませんが、スマホやパソコンでがっつりネットに接続するのなら回線あり物件はおすすめ出来ません

というのも、一人暮らしを考える際の物件として有力なマンションやアパートは集合住宅用の設備を用いてネット接続を行っているため、回線が混雑してしまいやすいのです。

この傾向は特に4、5階程度の中規模のマンションに多く、小規模マンション用の設備でぎりぎり賄っているような状態だと目も当てられない通信状態になります。

例えば光回線であるにも関わらずADSL並の速度しか出ない夕方から夜に掛けて回線が混雑すると動画が見られないなどのトラブルは定番で、酷いケースではブラウザを開くことすら出来ません

予め回線が用意されているというのは非常に便利である反面、同一の回線をマンション全体で共有して使うという性質を持つ故に上記のようなトラブルが頻発してしまいがちです。ストレス無くネットを楽しみたいのなら回線なしの物件を選んだ方が良いでしょう。

例外として光ファイバーは通っているものの、光回線の事業者やプロバイダーは自分で契約するタイプの物件であれば、回線ありの物件でも高速で安定した通信を行えることもあります。

セキュリティに問題があることも

回線あり物件ではセキュリティに問題があるケースも存在します。特にひとつのルーターを共有している物件を検討している場合は必ずセキュリティに問題が無いか事前に確認しておいた方が良いです。

というのも、自室にルーターを置かずLANポートにケーブルを差し込むだけでネットに接続できるタイプの物件では、ルーターを共有している関係上、用意に通信状況を傍受されてしまいかねないのです。

同じマンションの中に悪意のある人が住んでいた場合、その気になればクレジットカード情報などの個人情報だけでなく、いつどんなサイトにアクセスしたかどのような内容のメールを送ったのかまで調べることが出来ます。

このような状態でネットに接続するのは非常に危険なので、回線ありの物件を選ぶ際は事前にセキュリティに問題はないか確認しておきましょう。

ネット無料物件に隠れた罠


インターネット使用料無料の物件は年々増加していますが、中には『実質的には無料ではない物件』も潜んでいます。よくあるのが家賃や管理費に回線やプロバイダー料金が含まれているケースです。

このケースは最も悪いパターンで、お金を払って混雑しやすく使い勝手の悪い回線を強制的に契約されられたのと何ら変わりありません

マンション全体で加入しているために割引を得られていることもありますが、回線の質を考えればやはり損と言わざるを得ないでしょう。

また、ネット無料なものの光回線ではない、光回線でも古い設備を使っている物件にも注意しておきたいです。例えば『ADSL回線は無料、光回線にするなら自前で』という条件を設定している物件は少なくありません。

そのような物件でも確かにネット接続自体は無料ですが、今どきADSLでは満足にネットサーフィンをすることすら出来ないでしょう。動画視聴やゲームアプリの起動も困難です。

このように、ネット無料を謳っている物件でもよくよく内容を見てみると、料金が家賃や管理費に組み込まれていたり、回線速度が実用的ではないものしか導入されていなかったりすることが多々あります。

入居前に気付くことが出来なければ、家賃や管理費にネット料金が含まれているにも関わらず自前で回線を用意しなければならないなどの不利益を被ってしまう結果になりかねませんから、一人暮らしの物件を選ぶ際は充分注意しておきましょう。

1 2