キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

Airpodsはワイヤレスイヤホンの立役者とも言える存在で、2016年に発売して以降、これまで多くのユーザーを獲得してきました。

Airpods 2はそんなAirpodsの2世代目にあたるモデルで、旧型には無かった様々な機能を追加するなど意欲的なアイテムに仕上がっています。

しかし、「旧型とあまり変わっていないのでは」という声も多く、Airpods 2に乗り換えるべきか悩んでいるユーザーはかなり多いです。

そこで、今回はAirpods 2の旧型と比べて進化した点や変わっていない点をご紹介しつつ、乗り換えるべきかどうかを徹底検証していきます。

Airpods 2が気になっている、そろそろAirpodsを買い替えたいと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

iPhone 7 / 8イヤホンまとめ|音楽の聴き方とおすすめイヤホン9選
画像引用元:ビックカメラ.com|アップル Apple AirPods (エアーポッズ/第2世代) with Wireless Charging Case

Airpods 2は旧型からどう進化した?

新型チップ「H1」を搭載

旧型Airpodsに搭載されたW1チップも優秀ではありましたが、Airpods 2に搭載されたH1チップは更に高性能なものとなっています。

具体的にはチップが変更になったことにより、

  • 接続の速度が旧型の2倍に向上
  • 遅延の発生を緩和
  • 接続できる範囲が拡大

などの性能アップを実現しています。特に接続速度がより高速になったのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

旧型Airpodsでも接続速度は充分に高速でしたが、接続する端末を切り替える際などはやはりラグが発生してしまっていました。

Airpods 2では端末切替時のラグが緩和されており、よりスムーズな接続が可能となっています。

音質が向上


有線タイプのイヤホンに比べるとワイヤレスイヤホンはどうしても音質で後れを取ってしまいがちです。

発売当初「音質が良い」と話題になったAirpodsも、同価格帯の有線イヤホンに比べるとややチープさが残る仕上がりとなっていました。

しかし、Airpods 2では音質が大幅に改善され、同価格帯の有線イヤホンと比べても遜色のない音質を実現しています。

特に低音域の出音がかなり良くなっており、より臨場感たっぷりに音楽を楽しむことが出来るようになりました。

ワイヤレスの快適さと音質のどちらも手放したくない、という方にとってAirpods 2はうってつけのワイヤレスイヤホンと言えるでしょう。

Siriを音声で呼び出せるようになった

「Hey Siri」でお馴染みの音声認識機能「Siri」は旧型Airpodsでも利用できましたが、旧型ではイヤホンをタップしなければ呼び出せませんでした。

新型Airpods 2ではiPhoneやiPadと同じように音声で呼び出せるようになっており、Siriの利便性が大きく向上しています。

イヤホンタップでの呼び出しは「耳に響くのが嫌」などの声も上がっていたので、この点が改善されたのはイヤホンタップに慣れない方にとっては朗報と言えるでしょう。

もちろん、従来通りイヤホンタップでSiriを呼び出すことも可能で、タップでのSiri呼び出しに慣れた旧型ユーザーにも優しい仕様となっています。

連続通話時間が大幅アップ


画像引用元:AirPods with Wireless Charging Caseを購入する – Apple(日本)
Airpodsが「次世代型イヤホン」とまで言われた理由のひとつに「ケースに入れることで充電することが可能」というものがあります。

確かにAirpods以前のワイヤレスイヤホンは充電をコンセントでしか行えないものが多く、連続使用時間に大きな制限がありました。

Airpodsはそんなワイヤレスイヤホンならではの問題をケース型モバイルバッテリーという形で解決したのです。

Airpods 2ではそんなケースを使った充電が更にパワフルになり、連続通話時間が1回の充電につき2時間から3時間に延長されました。

通話ではなく音楽を聴く場合の連続使用時間は旧型と同じく1回の充電につき5時間となっていますが、それだけ使えれば早々充電切れを起こすことは無いでしょう。

ワイヤレス充電が可能に

少し前までは自社製品にワイヤレス充電を採用していなかったAppleですが、最近はiPhone Xを皮切りとして積極的にワイヤレス充電を採用しています。

そんな流れに乗ってか、Airpods 2にもワイヤレス充電機能が搭載されました。

ただ、ワイヤレス充電に対応したのはケースのみで、Airpods 2はこれまで通りケースに入れて充電をしなければいけません。

また、ケースの充電には他社製のワイヤレス充電器が使えるため、既に充電器を持っているなら、純正品を買い足すことなくワイヤレス充電を行うことが可能です。

通話時のノイズが減少


無線という接続方式を取る以上は避けられない通話時のノイズ問題ですが、Airpods 2ではノイズキャンセル機能が強化され、通話時のノイズがかなり減っています。

接続が不安定になることも少なくなっているため、旧型に比べると快適に通話が行えるようになりました。

とは言え、iPhoneを直接持って通話をする場合に比べるとノイズは増えてしまいます。

外出時や運転中などにも通話がしやすいのは利点と言えますが、Airpods 2だけで通話機能を賄うのはまだ難しいでしょう。

Airpods 2の進化した点まとめ
  • 新型チップ「H1」を搭載で接続速度がより高速に
  • 音質が向上し、同価格帯の有線イヤホンと比べても遜色ない
  • Siriを音声で呼び出せるようになった
  • 連続通話時間が大幅アップ
  • ワイヤレス充電が可能に
  • 通話時のノイズが減少
イヤホンジャックが無い新型iPhoneにおすすめのBluetoothワイヤレスイヤホン

旧型と変わっていない点も多い

デザインはほぼ同じ

発売前は「大きくデザインが変更されるのでは」と噂されていたものの、Airpods 2のデザインは旧型と比べて大きく変わることはありませんでした。

この点に関しては一概に良いとも悪いとも言えないでしょう。というのも、そもそもAirpodsのデザインは旧型の時点が好評だったのです。

特にプラスチックを素材としているにも関わらず耳にフィットするデザインをしている点は評価が高く、発売前はデザイン変更を望まないという声も多数上がっていました。

一方で、見た目の変化が無いだけに新鮮さはあまり無く、「ナンバリングが変更されるほどのアップデートが本当に行われているのか」という意見も少なくありません。

しかし、前述の通りAirpods 2はデザインこそ変わらなかったものの、性能は確実にアップしています。

確かに新鮮味に欠けるのは残念ではありますが、中身重視で考えるのならAirpods 2は素晴らしい製品と言えるでしょう。

ブラックカラーの追加はナシ


旧型のAirpodsのカラーバリエーションがホワイトのみと寂しいものであったために、ブラックカラーの追加はユーザーから熱望されていました。

しかし、Airpods 2にブラックカラーが追加されることはなく、カラーバリエーションは旧型と同じくホワイトのみとなっています。

ただ、ブラックカラーの追加に関する情報は非常に有力なリーク元から流れてきたものであるため、今後ブラックカラーが追加される可能性は高いでしょう。

Airpods 2として発売されるのか、それとも次世代のAirpodsからブラックカラーが追加されるのかは分かりませんが、期待する価値は充分にあります。

滑り止めは採用されず

Airpodは耳にフィットするデザインだと評判であるものの、カナル式のイヤホンやグリップ素材を採用したスポーツ用イヤホンに比べると保持力は劣ってしまいます。

この問題はAirpods 2でも解決されず、噂になった滑り止めが採用されることもありませんでした

そのため、スポーツをするなど激しく動く際にAirpods 2を使うのなら、これまで通りサードパーティ製のラバーシールを貼るなどして落下対策をしておく必要があります。

アクセサリー充実!ドコモオンラインショップで買えるオススメ製品

旧型と同じく遮音性は低い


有線タイプのイヤホンでは主流となっているカナル式のイヤホンなどに比べると、Airpods 2の遮音性はあまり良くありません

ただ、あまりに遮音性が高過ぎると外部の音が一切聞こえないため、街中でイヤホンを装着する際などは大変危険です。

そもそもAirpods 2は「場所を選ばずどこでも使えるワイヤレスイヤホン」として開発されたものであるため、遮音性が低いのはある程度仕方の無いことと言えるでしょう。

実際に遮音性が低いと言っても、外の音が聞こえすぎて音楽や通話に集中できない程ではありません。

少なくとも、イヤホンとして持っておくべき遮音性は確保されているので、遮音性の低さを原因として不快感を覚えるようなことは無いでしょう。

Airpods 2が旧型と変わっていない点
  • デザインはほぼ同じ
  • ホワイトのみ、ブラックカラーの追加はナシ
  • 滑り止めは採用されず
  • 旧型と同じく遮音性は低い

価格は大幅に高騰

旧型と比較して5,000円の値上げ

旧型のAirpodsが充電ケース付きで16,800円であるのに対し、Airpods 2は充電ケース付きモデルが21,800円、本体のみのモデルが17,800円と値上げが実施されています。

新型チップの搭載による音質の向上、ノイズの低下などの恩恵を考えれば仕方のないこととも考えられますが、些か高くなり過ぎた感は否めません。

とは言え、BOSEなどの有名オーディオメーカーのワイヤレスイヤホンに比べると、Airpods 2はまだまだ安価な部類に入ります。

確かに旧型と比べると価格は上がってしまいましたが、それでもAirpods 2がコストパフォーマンスの高い優秀なイヤホンであることに変わりはないでしょう。

ケースのみ買い替えるのもアリ


画像引用元:AirPods with Wireless Charging Caseを購入する – Apple(日本)
旧型と違い、Airpods 2はケースが付属しない本体のみのモデルが存在します。

旧型のケースとAirpods 2のケースの違いは「ワイヤレス充電が出来るかどうか」のみなので、ワイヤレス充電をしないのなら本体だけを購入するのもひとつの手でしょう。

Airpods 2の価格について
  • 価格は大幅に高騰、旧型と比較して5,000円の値上げ
  • 本体のみのモデルもあるので、ケースのみ買い替えるのもアリ

音質・使い勝手に拘るなら乗り換えるべき!


一見すると旧型からあまり変化が無いように見えるAirpods 2ですが、ご紹介したようにイヤホンとしての性能は格段にアップしています。

特に音質の進化は素晴らしく、低音域が強化される、通話時のノイズが減少するなど、使い勝手は大きく向上しており、旧型とは比較になりません。

残念ながら価格は旧型より高くなってしまいましたが、既にAirpodsを愛用しているのならAirpods 2にもきっと満足できるでしょう。

Airpodsを買い替えたい、音質や使い勝手にこだわりたいと考えている方は是非Airpods 2を手に取ってみて下さい。