読了時間:約 2

iPhoneをはじめとしたApple製品は、日本はもちろん世界でも高い人気を持っています。

そんなApple製品をより便利に使う事ができるAirpodsもiPhoneユーザーを中心に人気を集めているのをご存知でしょうか。

ここではAirpodsの基本的な使い方をはじめ、知る人ぞ知る便利な機能などを詳しく解説しています。

これからAirpodsの購入を考えている方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

Airpodsケースおすすめ人気カバーランキング【2019年最新版】

Airpodsの基礎知識


画像引用元:AirPods with Wireless Charging Caseを購入する – Apple(日本)

現在Apple Storeで取り扱われているAirpodsは、2019年3月20日に発表された第2世代です。

第1世代から大きな変更点はありませんでしたが、最新のH1チップが搭載された事により通話の高速化や音ズレの改善など各種性能はアップデートされています。

ワイヤレスイヤホンとしての機能面はもちろん、シンプルで美しいデザインも含めAppleならではの完成度となっています。

音楽を聴けるだけじゃない

Airpodsは無線通信規格「Bluetooth」を用いたインナー型ワイヤレスイヤホンです。

音楽を手軽に楽しめるようになるのはもちろん、イヤホンに内蔵されたビームフォーミングマイクロフォンで様々な機能を利用する事ができます。

最大のメリットはAppleのパーソナルアシスタント機能「Siri」を利用できる事で、通話・音楽の再生・調べものなどをハンズフリーで行う事が可能です。

また、第2世代からは「Hey Siri」に対応しているため、声をかけるだけで各種機能を利用できるのも大きなメリットではないでしょうか。

音楽の連続再生時間は業界最高レベルの5時間、更に充電ケースを利用する事で24時間以上のバッテリー駆動を実現しているのも驚異的です。

Airpods(第2世代の基本スペック)

Airpods/第2世代機能
音楽再生最大5時間(1回の充電)
通話連続最大3時間
充電ケースを利用した場合24時間以上のバッテリー持続
第1世代との主な違い「Hey Siri」に対応
デバイス切り替え2倍
通話接続1.5倍
ゲーム時のレイテンシ30%低減

使用できるデバイスをチェックしよう

iPhoneやiPadはもちろん、Apple WatchやMacなどAppleの幅広いデバイスに対応している事もAirpodsのメリットです。

iOSのバージョンは第1世代と第2世代で異なりますが、例えばAirpods第2世代の条件「iOS12.2」は2013年発売のiPhone 5sまで含まれます。

AppleのiOSアップデートは数年前の機種までカバーしていますので、ほとんどの方が問題なくAirpodsを導入できるはずです。

AirpodsはAndroid端末でも使用する事が可能ですが、その場合は通話と音楽に機能が限定されます。

Airpodsを最大限活用するためには、Siriが搭載されたApple製品の利用は必要不可欠だと言えるでしょう。

Airpodsの対応デバイス

デバイス第2世代/iOS第1世代/iOS
iPhone,iPad,iPod TouchiOS 12.2以降iOS10 以降
Apple Watchwith watch OS 5.2以降with watch OS 3以降
Apple TVtvOS 12.2以降tvOS 11以降
MacmacOS 10.14.4以降macOS Sierra以降
Airpodsのまとめ
  • 音楽の連続再生時間は業界最高レベルの5時間、充電ケースを利用する事で24時間以上のバッテリー駆動が可能
  • ホーム画面を表示してAirpodsの蓋を開ければ自動的にペアリングが開始
  • Airpods側からの操作はダブルタップとSiriからの操作が基本

次のページでは、Airpodsの基本設定をご紹介します。

1 2