読了時間:約 2

イオンモバイルは豊富なスマホのラインナップと低価格な料金が人気を博し、現在多数のユーザーを抱えています。

特に選べるスマホが多いはとても魅力的で、「欲しいスマホを取り扱っていた」という理由でイオンモバイルへ乗り換える方も少なくありません。

今回はそんなイオンモバイルへMNPするメリットと具体的な手順をご紹介していきます。

格安SIMへの乗り換えを検討している方、イオンモバイルが気になっている方は是非参考にしてみて下さい。

格安SIMで月額1,000円台運用ができるのは?MVNOのデータ通信量と料金比較

イオンモバイルへMNPするメリット


画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル
数ある格安SIMの中でも比較的大手キャリアに近い形態で運用することの出来るイオンモバイル。

他の格安SIMと比べると、どのような点が魅力的なのでしょうか。

まずはイオンモバイルへMNPするメリットを見ていきましょう。

料金が安い

最安値とまでは言えませんが、イオンモバイルは料金が比較的安いことで有名です。

例えば格安SIMで最も人気のある音声通話+データ量3GBプランの料金は1,280円(税抜)とかなり抑えられています。

格安SIMにおける音声通話+データ量3GBプランの料金相場は1,400円前後なので、イオンモバイルの料金は相場より安めと言えるでしょう。

そのため、通信費を節約したいという方にとって、イオンモバイルの料金プランは相性の良いものと言えます。

また、イオンモバイルの料金は基本プランだけでなく、オプションに関しても低く抑えられています。

特に他の格安SIMでも人気の通話かけ放題オプションは850円(税抜)/月と割安。

音声通話+データ量3GBプランと併せても月々2,130円(税抜)でスマホを運用することが可能です。

取り扱っているスマホが多い


イオンモバイルはスマホのラインナップが豊富なキャリアで、現在取り扱っているスマホの総数は20種類となっています。

5、6種類しかスマホの取り扱いがないキャリアも多い格安SIMの中では、かなりラインナップしているスマホが多い部類に入るでしょう。

ラインナップの中心となっているのは格安SIMらしくAQUOS sense2などのミドルスペックスマホがほとんど

とは言え、ハイスペックスマホがまったく無いわけではなく、最近だとHUAWEI Mate 20 Proなどがラインナップされています。

iPhoneをラインナップしていない点は残念ですが、Androidを使いたいのであればスマホ選びに困ることは無いでしょう。

2019年全スマホおすすめ人気ランキング|キャリア/SIMフリー問わず

豊富なプランから自分に合ったものを選べる

格安SIMに乗り換える際に驚くのが「料金プランが少ない」ということ。

大手キャリアでは考えられないことですが、格安SIMでは料金プランが3、4つしかないようなキャリアも少なくありません。

一方、イオンモバイルは音声通話SIM、データ通信SIM、シェア音声SIMのすべてを合わせると29種類もの料金プランを用意しています。

これだけたくさんの選択肢があれば、自分にばっちり合った料金プランを選ぶのも難しくないでしょう。

一方でオプションは最低限のもののみとなっています。

通話かけ放題や携帯保証などの人気オプションこそ用意されていますが、独自性の高いオプションは存在しません。

唯一目を引くものがあるとすれば、「イオンモバイル持ち込み保証」でしょう。

イオンモバイル持ち込み保証は名前の通りスマホをイオンモバイルに持ち込んだ際に加入できるオプションで、メーカー保証が切れていても加入できます。

iOS端末なら650円(税抜)/月、Android端末なら550円(税抜)で利用できるため、メーカー保証の切れたスマホを持ち込む方は加入を検討してみると良いでしょう。

速度制限が比較的緩い


格安SIMの多くは「〇日以内に〇GB以上データ通信を行うと速度制限を掛ける」という仕組みを導入しています。

しかし、イオンモバイルにはそのような仕組みが無く、速度制限を掛けられるのはデータ量を使い切った場合のみです。

これは大容量のデータ量が付属したプランに加入している方ほど嬉しい仕組みと言えるでしょう。

ただ、お昼頃や夕方5時頃から8時頃などの通信が混雑する時間帯になると、速度制限とは関係なく通信速度が下がってしまうことがあります。

この点に関してはどの格安SIMでも我慢しなければならないことではありますが、いつでも快適に通信が行えるわけではないということは覚えておいた方が良いでしょう。

乗り換えやすい

ご紹介したようにイオンモバイルは他の格安SIMとは一風変わった仕組みや仕様を多く採用していますが、最も驚くべきなのは「最低利用期間の定めがない」ことでしょう。

1 2