格安SIM・格安スマホ 機種の評価・レビュー 機種変更
読了時間:約 3

2018年となってからもスマホの高性能化は進み、それにともなって本体や画面のサイズ大型化の傾向が顕著となりました。

高性能のスマホはストレスを感じさせない快適さを持つ一方、片手で操作しづらい事や重いのが難点となります。

ここでは、現在発売されているものの中から5インチ以下の小型スマホをご紹介します。

性能面も合わせてご紹介しますので、小型スマホをお探しなら是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

現行のスマホのサイズは?


画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product/ht03a/index.html

2009年の7月10日、国内では初めてとなるAndroid搭載のスマホ「HT-03A」がNTTドコモから発売されました。以降、国内では急速に脱ガラケー(ガラパゴスケータイ)が進んだ事で現在ではほとんどのユーザーがスマホを使っています。

会社から支給されている業務用携帯電話などを除けば、今では個人的にガラケーを使っている人を探す方が難しいのではないでしょうか。

当時のスマホは3.2インチの「HT-03A」に代表されるように小型のディスプレイを搭載したものがほとんどでしたが、それ以降も大型化は進み現在では5インチを超えるサイズが主流となっています。

スマホが発売された当初に比べると、スペックも上昇してAndroid/iOSどちらもアプリの数は大幅に増加しました。スマホ画面の大型化は、メーカーの開発競争とユーザーの希望が組み合わさった結果とも言えるでしょう。

スマホの大型化は急激に進んだ


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%82%B9-ZenFone-Ultra-%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC-ZU680KL-SL32S4/dp/B01N5B2MJF

前述したようにスマホの画面サイズは現在進行形で少しずつ大型化し続けています。特にでかいものですとASUS JAPANの「ZenFone Ultra3」のような6.8型の大画面サイズも登場してくるようになりました。

6.8型と言えば小さ目のタブレットにも迫るサイズですから、いかに大型のスマホが主流となってきているのかが良くわかります。ちなみに、タブレットの最小サイズですと7インチサイズの「HUAWEI MediaPad T3 7」をはじめ様々な現行モデルが登場しています。

現行モデルにはSIMによって音声通話に対応したタブレットも登場していますから、スマホとタブレットの境界線は徐々に曖昧になって来ていると言えるのではないでしょうか。現行モデルで、特に大型の画面を採用したスマホは下記のようなものがあります。

現行モデルの大型スマホ一例

大型スマホにもデメリットがある

スマホの画面サイズを大きくする事で得られるメリットは、最も分かりやすいもので画面の見やすさが挙げられます。スマホの画面はPCやタブレットに比べると小さいものですから、物理的に画面サイズを大きくする事で文字や写真などが見やすくなるのは間違いありません。

また、大画面の機種ほど解像度をはじめCPUやバッテリーのスペックも高くなっている事が多いですから、前述の画面サイズ大型化との相性は抜群です。このようにメリットが複数ある大型スマホですが、当然デメリットも存在します。

スマホの画面が大型になるという事は当然片手での操作が難しくなりますし、本体の重量は小型スマホと比較すれば重くなってしまいます。日本人の平均的な手の大きさから考えると、スマホの画面サイズが6インチを超えれば男性でも軽々操作するのは難しいのではないでしょうか。

小型スマホはどんな人に向いている?

上記でご紹介した大型スマホのメリット・デメリットから考えると、小型スマホが向いている人は特に操作感を重視した方という事になるのではないでしょうか。欧米人に比べると手が小さい日本人にとって、片手にフィットする小型スマホの操作感は抜群です。

ただ、小型スマホのメリット・デメリットを考える上では見た目(ハード面)とともに中身であるソフト面についても触れる必要性があるでしょう。ここでは、小型スマホのメリット・デメリットとともに比較ポイントについても確認しておきましょう。

小型スマホのメリット・デメリット

片手で楽々操作が可能な事が小型スマホ最大のメリットですが、軽くて持ち運びしやすいという点も見逃せません。近年は小型のボディバッグなどを持ち歩く方が増えていますが、出かける際はなるべく手ぶらでという方にはポケットに入る小型スマホはピッタリです。

また「大型サイズのスマホの方が比較的スペックが高い」というのは2018年となった現在も変わりませんが、最近では小型スマホでもミドルスペック以上の性能を持ったものが登場しています。

今後もスマホの性能は少しずつ上がっていくはずですから、小型スマホでもハイスペックの機種が登場してくるのはそう遠くないかもしれません。画面サイズが小さい事を気にしない方にとっては、小型スマホのハイスペック化は大変魅力的ではないでしょうか。

ただし、メーカーが大型サイズスマホを主戦力としていますから、現行モデルでスペックを求めるなら選べる機種が少ないのが小型スマホ最大のデメリットだと言えます。

中古の白ロム(SIMが挿入されていないスマホ)などには発売終了となった小型スマホも多くありますが、サポートやキャンペーンの事を考えると現行モデルを購入するより割高になってしまう可能性もあるでしょう。

小型スマホの比較ポイント

上記の小型スマホのメリット・デメリットを含めて考えると、小型スマホの比較ポイントは下記のようなものが挙げられるでしょう。片手での操作感という点では、本体サイズと重量がポイントとなります。

また、画面サイズを除いたソフト面では解像度やカメラ性能などのスペックを比較すると良いのではないでしょうか。基準となる数値やスペックも合わせて記載していますので、自身が求めている小型スマホをイメージしながらチェックしておきましょう。

比較ポイント

  • 本体サイズ(横幅が約65mm~約70mm以内だと比較的片手で操作しやすい)
  • 重量(約150g前後)
  • 画面サイズと解像度(出来る限り大画面、フルHD液晶搭載など高解像)
  • スペック(CPUやRAM、カメラ性能など)

5インチ以下の軽量小型スマホまとめ!おススメは?

ここからは、軽量小型をポイントに画面サイズ5インチ以下のスマホを7つご紹介していきます。

軽量小型スマホは発売終了・製造終了となったモデル(白ロムで中古販売されているもの)などを含めると非常に多くの数がありますが、ここでは現在製造・発売されているモデルに限ってご紹介させて頂きます。

また、スペックを除けば小型スマホにも多くの現行モデルがありますが、ここではハードとソフト両面で完成度の高い機種のみをピックアップしている事もご留意下さい。現行モデルでどのような小型スマホがあるかまったく知らないという方は、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

iPhone SE


画像引用元:https://www.ymobile.jp/iphone/se/

言わずと知れたApple製のスマートフォンであるiPhone SEの画面サイズは、今回ご紹介する小型スマホの中でも最少の4インチ。

日本国内で発売されたのは2016年3月31日ですので既に2年以上経過している事になりますが、その完成度の高さからいまだに大手キャリアや格安SIM会社のラインナップに加えられています。画面解像度は640×1136ドットのHD液晶を採用。

これにより、4インチの画面サイズでも視認性が高くなっているのが特徴的です。アウトカメラの画素数は1,200万画素と撮影を楽しむには十分な性能を持っており、4Kのビデオ撮影も行う事が可能となっています。

iPhone SEにはおサイフケータイやワンセグ、防水・防塵といったガラパゴススマホのような機能は搭載されていません。しかし、デザイン面と機能面が高いレベルで完成されているため多くの方から支持されている小型スマホとなっているのです。

携帯キャリア容量機種変更新規・MNPサイト
ドコモ32GB15,552円10,368円ドコモオンラインショップ
128GB25,920円20,736円
ソフトバンク32GB64,800円64,800円ソフトバンクオンラインショップ
128GB77,760円77,760円
au32GB10,800円10,800円auオンラインショップ
128GB22,560円22,560円
UQモバイル32GB44,172円44,172円UQ mobile
128GB--
BIGLOBE32GB40,800円40,800円BIGLOBEモバイル
128GB50,400円50,400円
ワイモバイル32GB32,400円32,400円Y!mobile
128GB57,564円57,564円
楽天モバイル32GB44,800円44,800円楽天モバイル
64GB46,800円46,800円
LINEモバイル32GB30,800円30,800円LINEモバイル
128GB40,800円40,800円
※一括購入時の端末代金を表記しています。詳細は各サイトをご確認ください。

iPhone 6s


画像引用元:https://ymobile-store.yahoo.co.jp/lineup/iPhone6s/

iPhone SEと同じく、Apple製のスマートフォンであるiPhone 6sは国内では2015年の9月より取り扱いが開始されました。当初は大手キャリアであるNTTドコモやソフトバンク、auなどからの発売のみとなっていましたが、2017年の10月より格安SIM会社のY!mobileとUQ mobileも取り扱いを開始しました。

画面サイズは4.7インチHDディスプレイが採用されており、iPhone SEより視認性が高くなっています。また、画面サイズは大きくなりましたが本体の厚みが薄くなっており片手で持っても操作感は抜群です。

実質的にはiPhone SEの前モデルとなりますが、CPUにA9チップを搭載している事などから考えると性能面では決して劣っている訳ではありません。

iPhone SEとの大きな違いはアプリをクイック起動する事が出来る3D Touchが搭載されている事くらいですので、単純に画面サイズの好みで選ぶ事も可能ではないでしょうか。

取り扱いキャリアはまだ限られていますが2017年の9月には同じく4.7インチの画面を搭載した後継機種iPhone 8も登場していますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょう。

携帯キャリア容量機種変更新規・MNPサイト
ドコモ
(docomo with対象)
32GB42,768円42,768円ドコモオンラインショップ
ソフトバンク-GB--
au-GB--
UQモバイル32GB59,724円59,724円UQ mobile
128GB72,684円72,684円
BIGLOBE32GB56,400円56,400円BIGLOBEモバイル
128GB68,400円68,400円
ワイモバイル32GB52,380円52,380円Y!mobile
128GB65,340円65,340円
楽天モバイル-GB--
LINEモバイル-GB--
※一括購入時の端末代金を表記しています。詳細は各サイトをご確認ください。

Xperia XZ1 compact


画像引用元:https://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-02k/

2017年11月に発売されたXperia XZ1 compactは、4.6インチのディスプレイながらスペックも高い高性能スマートフォンとして人気を集めています。

「compact」という名がついている事からも分かりますが、同時発売となった5.2インチのXperia XZ1の言わば小型版としてラインナップされたXperia XZ1 compactはスペックも非常に高いのが魅力的です。

アウトカメラには1,920万画素という市販のデジタルカメラ並みの高性能カメラを搭載。また、インカメラも800万画素ありますのでセルフィーも綺麗に撮影する事が可能です。

ディスプレイは近年のスマートフォンで標準的になっているHD液晶ですが、採用されたTFTトリルミナスディスプレイは高スペックなカメラで撮影した写真を見るには十分な解像度となっています。

前モデルである「Xperia Z5 compact」と比較してもRAMの容量が倍の4Gになっていますから、操作感も抜群です。

携帯キャリア機種変更新規・MNPサイト
ドコモ77,760円72,576円ドコモオンラインショップ
ソフトバンク--
au--
UQモバイル--
BIGLOBE--
ワイモバイル--
楽天モバイル--
LINEモバイル--
※一括購入時の端末代金を表記しています。詳細はドコモ公式サイトをご確認ください。

Xperia X compact


画像引用元:https://www.sonymobile.co.jp/xperia/docomo/so-02j/

こちらも先にご紹介したXperia XZ1 compactと同じくソニーが製造を手掛けるXperiaシリーズの一つ。名称が似ている事だけでなく外観もそっくりですが、Xperia X compactは奥行が0.2mm厚くなっています。また、物理ボタンの配置など細かな変更点も見られます。

画面サイズは4.6インチが採用されており、この点もXperia XZ1 compactとまったく同じです。発売日はXperia X compactの方が先ですので、言うならばXperia XZ1 compactの前モデルという事になるでしょう。

RAMメモリー容量などを比較するとXperia XZ1 compactより劣っているようにも見えますが、2016年11月に発売された本機種はXperia XZ1 compactよりもお得に購入する事が可能です。

スペックをそれほど気にせず、前モデルでも問題無いという方ならXperia X compactの方が適しているのではないでしょうか。大手キャリアではショップの在庫次第ですが、それ以外では中古で購入する事も可能です。

携帯キャリア機種変更新規・MNPサイト
ドコモ15,552円10,368円ドコモオンラインショップ
ソフトバンク--
au--
UQモバイル--
BIGLOBE--
ワイモバイル--
楽天モバイル--
LINEモバイル--
※一括購入時の端末代金を表記しています。詳細はドコモ公式サイトをご確認ください。

AQUOS R compact SH-M06


画像引用元:http://www.sharp.co.jp/products/shm06/

2018年1月に発売されたAQUOS R compactは、画面サイズ4.9インチのSIMフリースマホです。国内ではソフトバンクや楽天モバイルなど、大手キャリアや格安SIM会社でも取り扱われています。

国内では先に発表されたiPhone Xに似たデザインですが、SHARPの液晶技術である「IGZOフリーフォームディスプレイ」を搭載した事により、リアカメラ部分が切り抜かれたような独特のデザインとなっています。本体の幅は約66mm、重量は約140gとなっているため片手でも軽々操作する事が可能。

また、メインカメラには1,640万画素の広角カメラが搭載さているため、美しい写真撮影を手軽に行う事が出来ます。最も注目して頂きたいのは目への負担を減らす事が出来る「ハイスピードIGZO」が液晶に採用されている事で、これにより文字のチラつきなどが軽減されているのも魅力的。

「5インチ以下の小型スマホ」とすればギリギリですが、画面サイズと液晶の視認性という点から考えると国内モデルでは完成度の高いスマホではないでしょうか。

Galaxy Feel SC-04J


画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/sc04j/

Galaxy Feel SC-04Jは日本国内でも人気の高い韓国メーカーサムスンが製造を手掛けているスマートフォンです。発売されたのは2017年の6月となっており、国内キャリアではNTTドコモが取り扱いを行っています。

画面サイズは片手で操作しやすい4.7インチを採用しており、本体の幅は約67mm。ディスプレイに採用されているHD/Super AMOLED 有機ELの解像度も合わさって抜群の視認性能を誇ります。

アウトカメラは1,600万画素、インカメラも500万画素の性能ですので通常撮影・セルフィーどちらも自由自在に楽しむ事が出来るのも魅力的。

そもそもGalaxy Feel SC-04Jは女性ユーザーを意識して開発されたスマートフォンという経緯も持っていますので、手の小さい方をはじめ幅広い方におススメ出来る機種だと言えるでしょう。

COVIA FREAZ Que


画像引用元:https://www.amazon.co.jp/Covia-Fleaz-Que%EF%BC%88CP-L45s%EF%BC%89-%E3%80%90OCN%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%ABONE-SIM%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BB%98%E3%80%91/dp/B06ZY38M6T

4.5インチの画面にIPS画面を採用し、コストパフォーマンスを高めたCOVIA FREAZ Que。大手メーカーに比べると知名度は低いのですが、COVIA(コヴィア)の正式名称は株式会社コヴィアであり神奈川県横浜市に本社を置く日本メーカーです。

販売は国内が中心ですが、製造を海外で行っているため通常の大手メーカーのスマートフォンよりも低価格で端末を提供しています。COVIAのスマートフォンと言えば、今回ご紹介するFREAZ Queの「FREZA」シリーズや「gooのスマホ」などがラインナップされています。

どのスマートフォンも10,000円前後~20,000円の価格帯となっており、低価格で手に入れる事が出来るのが魅力的。

しかし、例えばCOVIA FREAZ Queのカメラ性能(リア500万画素+イン500万画素)やバッテリー容量(2,200mAh)を見ても分かる通り、スペックも低くなっているのは注意しなければいけないポイントです。

ゲームはあまりしない・スマホは基本連絡だけというように、スマートフォンにそれほど性能を求めないならFREAZ Queのスペックでも満足できるはずです。

小型スマホを選ぶ際に注意するポイント

今回ご紹介したものはSIMフリースマホも含まれていますが、輸入品なども入れれば大手キャリアや格安SIM会社以外でも購入する事が可能です。

端末とSIMを別に購入する場合などはSIMフリースマホの知識が必要となりますが、それ以外でも小型スマホを購入する際はいくつか注意しておきたいポイントがあります。

実機のサイズ

特に初めて小型スマホを購入する方が注意して頂きたいのは、画面サイズが本当に自身の使い方に適しているかどうかという点です。

メールや電話などの連絡にしか使わないという方は問題ありませんが、例えばゲームや特定のアプリを利用する場合画面サイズが小さい事がデメリットとなる事もあるでしょう。小型スマホの操作性や画面の視認性に不安があるなら、家電量販店などで一度小型スマホに触れておくのも一つの手です。

大型スマホが主流となっているとは言え、どこの家電量販店でも必ず一台は5インチ以下のスマホを取り扱っているはずです。時間が許すなら、自身が気になっているスマホのサイズ感をチェックしておくのが良いでしょう。

快適マークがついているか

国内では格安SIM会社が急速に増えた事で、最初から多くのSIMカードに対応する「SIMフリー端末」も注目を集めています。

特にAmazonなどで販売されている海外輸入品であれば「Xperia mini ST15i」のような極小サイズの小型スマホも手に入れる事が出来るため、そのような機種が気になっているという方も多いはずです。

海外スマホはSIMカードさえ対応していれば国内でも使用する事が出来ますが、日本国内でスマートフォン(無線機)の使用を許可する快適マークがついていない機種も多くあります。

2016年に電波法が改正された事により快適マークがついていなくてもスマートフォンを使用する事が出来るようになりましたが、これはあくまで例外的なものであり基本的に総務省は快適マークが必要としています。

安心して使用するためにも、海外輸入品を購入する際は快適マークがついているかどうか事前に確認しておいた方が良いでしょう。

小型スマホでもスペックは十分

いかがだったでしょうか。大型スマホが主流となってきている現在でも、5インチ以下の小型スマホはユーザーの支持を集めています。

今回ご紹介した小型スマホは国内で取り扱われているものの中でもごく一部ですが、それでもスペックは大型スマホに負けない十分な実力を持っている事が分かって頂けたかと思います。

大型スマホの操作感や持ち運びという点で不満があるなら、小型スマホを検討してみるのも一つの選択肢ではないでしょうか。

Pocket