読了時間:約 2

日本時間で2019年9月11日午前2時に、米Appleがスペシャルイベント「By innovation only」にてiPhoneの最新機種「iPhone11」をついに発表しました!

また、同時についにMacbook Proの名を踏襲したiPhone11 ProiPhone11 Pro Maxについても発表され、3機種が発売されることが分かりました。

今回は速報として、イベントにて発表された最新機種iPhone 11シリーズの発売日や価格、基本性能やカラーなど、皆さんの気になる情報を全てまとめていきます。

iPhone 11とiPhone 11 Proを徹底比較|おすすめはどっちか?その理由

画像引用元:iPhone 11 │ Apple(日本)

気になる新型iPhoneの名称・発売日


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

米カリフォルニアのApple Park内のスティーブ・ジョブズ・シアターで開催されたこちらのスペシャルイベントは、世界中でライブ中継がされました。

2019年モデルとして以下の3機種が発売されます。

iPhone 2019年モデル
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max

ストレージ容量はiPhone 11が64GB/128GB/256GB、iPhone 11 Pro/Pro Maxが64GB/256GB/512GBになります。

そして気になる日本での発売日2019年9月20日(金)です。AppleからSIMフリー版と、ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアから発売されます。

発売に先立って2019年9月13日(金)21:00から予約受付が開始されます。

日本でも非常に人気のため発売日の在庫は予約分ですぐに切れる可能性があります。

発売日にGETしたいという方は、予約開始日にお使いのキャリアから予約をして在庫を確保しておくことをおすすめします。

iPhone 11シリーズの価格


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

米Appleが発表したiPhone 11シリーズの本体価格はiPhone 11が74,800円〜、iPhone 11 Proが106,800円〜です。Appleの直販価格は以下になります。(税抜)

iPhone 11

容量64GB128GB256GB
価格74,800円79,800円90,800円

iPhone 11 Pro

容量64GB256GB512GB
価格106,800円122,800円144,800円

iPhone 11 Pro Max

容量64GB256GB512GB
価格119,800円135,800円157,800円

iPhone 11が8万円を切る価格ということで、昨年発売されたiPhone XSシリーズは10万円以上の価格となっていたため、かなり抑えられた価格設定になりました。

Macbook Proを踏襲した形であるiPhone 11 Pro/Pro Maxに関しては、512GBが14万円を超える高価格ですが、iPhone XSの据え置き価格となります。

しかしiPhone 11の本体価格を見てみると、2019年モデルはユーザーの声を参考にコストパフォーマンスを向上させることに成功していますね。

iPhone 11シリーズのカラー


画像引用元:iPhone 11 Pro │ 仕様 │ Apple(日本)

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのカラーラインナップは次の通りです。

iPhone 11

  • ブラック
  • グリーン
  • イエロー
  • パープル
  • レッド
  • ホワイト

iPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Max

  • ゴールド
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ミッドナイトグリーン

iPhone XRで展開された6色のカラー展開に続き、iPhone 11では5色のカラフルなカラーラインナップになりました。

グリーン・パープル・イエローはそれぞれ原色よりもパステルに近いカラーで、特に若い女性を中心に新たなファッションアイコンとなり人気になるでしょう。

iPhone 11 Pro/Pro Maxは、従来の定番カラーであるゴールド・スペースグレイ・シルバーに加え、新たにミッドナイトグリーンを展開しました。

落ち着いた深緑に近い発色で、大人の男性に向けてよりカジュアルなシーンでの使用する機会を提供してくれます。

iPhone 11シリーズのディスプレイ

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのディスプレイ性能は次の通りです。

機種インチ数種類
iPhone 116.1インチLiquid Retina HDディスプレイ
iPhone 11 Pro5.8インチSuper Retina XDRディスプレイ
iPhone 11 Pro Max6.5インチSuper Retina XDRディスプレイ

インチ数に関しては2018年モデルの3機種と変わらず、5.8〜6.1インチの展開となりました。

ディスプレイに関しては、iPhone 11はiPhone XRと同じディスプレイを搭載しており、有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイとなります。

Super Retina XDRディスプレイでは、iPhone XSシリーズのSuper Retina HDディスプレイから進化させ、輝度とコントラストが大きく向上しました。

これはMacbook Proに搭載されているPro Display XDRがそのままiPhoneに搭載されたといっても過言ではないほど美しい高性能のディスプレイです。

最新iPhoneも採用の有機ELディスプレイ(OLED)って何?どう違う?

iPhone 11シリーズのスペック


画像引用元:Apple Special Event │ September 10, 2019 │ YouTube

続いてはiPhone 11シリーズのスペックについてそれぞれ見ていきましょう。

注目したいのは、現時点でAndroidを含むスマートフォンのCPUチップの中で最も処理精度が高いと言われているA12 Bionicチップの進化についてです。

CPU

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro MaxのCPUチップは、A12 Bionicチップから新たに「A13 Bionic」チップを搭載しました。

A13 BionicチップはCPU性能・GPU性能ともに全スマートフォン搭載のプロセッサの群を抜いた結果を出すことに成功しました。

現時点では、全スマートフォン史上最も処理速度・グラフィック処理速度の速いチップということになります。

また、A12 Bionicチップに比べ処理速度を20%向上させるだけでなく、30%の省電力化にも成功しています。よりバッテリーの持続時間が向上しました。

バッテリー

iPhone 11はiPhone XRのバッテリー持続時間よりも最大1時間長い持続時間に向上しました。

iPhone XRは史上最長の持続時間だったため、新たにiPhone 11がiPhoneシリーズで最もバッテリーの持ちが良い機種ということになります。

iPhone 11 ProはiPhone XSより4時間、iPhone 11 Pro Maxは5時間とバッテリー持続時間が更に伸びバッテリーパフォーマンスが向上しました。

防塵・防水性能

防塵・防水性能は3機種ともにIP68と2018年のiPhone XSシリーズと同じ水準に揃えられました。

IP68であれば、iPhone 11は最大水深2m・iPhone 11 Proシリーズは最大水深4mに最大30分間浸けていても問題なく動作できるということです。

まだ水中での使用が可能というところまで達していませんが、雨の中での使用やトラブルで水浸しになってしまっても故障する心配はありません

セキュア認証

セキュア認証はiPhone XSシリーズから導入されたFace IDを継続する形となりました。

iPhone XSシリーズに比べ、TrueDepthカメラにより顔認識の認証時間を更に速めることに成功しました。以前よりももっとスムーズにロック解除ができます。

次のページでは、iPhone 11シリーズの機能をご紹介します。

新型iPhone予約比較|2019年発売のiPhoneはどのキャリアが一番得するか?
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2