2019年新型iPhoneはSE2?人気モデル後継機は本当に発売されるのか速報まとめ

  • 2021年1月17日

2016年の発売から既に3年以上が経過したiPhone SEはコンパクトでありつつもその完成度の高さで現在までロングセラーモデルとなっています。

新型iPhoneの発表が近づく度に「iPhone SE2が出るのでは?」という噂が多くなるのも、圧倒的な人気がある事の証拠ではないでしょうか。

ここでは2019年に発表される新型iPhoneの予測情報などを元にiPhone SE2発売の可能性を探ってみましょう。

auでiPhone14を予約!
オンライン予約なら発売日当日に受取可能
iPhone14/Plusのカラー展開
  • スマホトクするプログラムで約50%OFF
  • 下取りプログラムで最大64,350円還元
  • 5G機種変更おトク割で最大5,500円還元
矢印iPhone14を
au公式ショップで見る

2019年秋登場の新型iPhoneは?

ここ数年AppleのiPhoneは毎年9月に新モデルを発表しています。

毎年8月頃になると様々なサイトでリーク情報が出回り新モデルの予測が行われるのはもはや恒例行事となりつつあります。

まずは特に有力な情報を元に新型iPhoneの名称からチェックしてみましょう。

新型モデルは「iPhone XI(11)」?

海外情報サイトやTwitterのリーク情報などを見ると新型iPhoneの名称はこうなるのではないかという予測が出回っています。

これらの情報を元にすると、新型iPhoneの名称の中で最有力となるのは「iPhone XI」ではないでしょうか。

2018年発表のiPhoneはナンバリングではなく「iPhone Xs/Xr」のように前年に発表された「iPhone X」の名称を引き継ぐような形となっていました。

仮に「iPhone XI」が当たっているならば、新型モデルは「iPhone XI/XI Max」という風になるとも考えられます。

その他に廉価版だったiPhone XRの後継機もしくはiPhone SE2として「iPhone XR2」や「iPhone XE」が出るのではないかとの情報もあります。

【有力候補】新型iPhoneの名称

  • iPhone XI (iPhone Xsの後継機?)
  • iPhone XI Max (iPhone Xs Maxの後継機?)
  • iPhone XR2 (iPhone XRの後継機?)
  • iPhone XE (iPhone XR/iPhone SEの後継機?)
iPhone XR / XSは結局どっちがおすすめ?簡単に分かる2つの違いとは

2018年の新型iPhone発表前の噂


画像引用元:iPhone | au

2018年の新型iPhone発表前にもスペック情報などとともに名称に関するリークが飛び交っていました。

様々な予測が飛び交う中、最も有力な候補とされていた新型モデルの名称は「iPhone XC/XS/XS PLUS」です。

結果的に見れば「iPhone XS」は当たっていましたしXSの上位版や廉価版の登場も大きく外れてはいませんでした。

名称に関してはあまり期待できるものではありませんが、現在の予想から考えると2018年と同じく「3モデル展開」となる可能性が高いでしょう。

新型iPhoneのスペックはどうなる?

先にご紹介した通り新型iPhoneの名称に関してはあまり期待できるものではありません。

ただし名称以外に関しては毎年高い精度で予測が行われています。続いては現時点で予測されている新型iPhoneのスペックをチェックしてみましょう。

廉価版iPhoneが「iPhone SE2」?

新型モデルが「iPhone XI/XI Max」と廉価版の3種類展開だとすれば廉価版であるiPhone XEがiPhone SEの後継機種最有力候補となります。

予測で多いのは「5.8インチ・6.1インチ・6.5インチ」のディスプレイサイズですが、これだとiPhone SEの後継機種としては若干大きいのではないでしょうか。

3モデル展開の予想はApples製品の有名リーカー「Ben Geskin」氏をはじめ多くのメディアで共通しています。

この他上位モデルにはトリプルカメラが搭載される引き続きLightningケーブルが採用されるなどが最も多い予想でしょうか。

新型iPhoneの予想スペック

  • 3モデル展開
  • 5.8インチ・6.1インチ・6.5インチのディスプレイ
  • 上位モデルにトリプルカメラ搭載
  • Lightningケーブルを採用
  • 新型CPU搭載

iPhone SE2のスペックは?

2018年には海外のTwitterユーザーによって「iPhone SE2の保護フィルム」と見られる製品がアップされた事をご存知でしょうか。

その情報がメディアに取り上げられるや否やiPhone SE2発売を期待する声が高まりました。

結局2018年中には登場しなかったものの、それ以降も引き続きiPhone SE2が登場するという予想が支持され続けています。

スペックの詳細な予想を行っているメディアはあまりありませんが、「上位モデルよりスペックが低い」という見方は共通しているようです。

先にご紹介した新型iPhoneの予想から考えると、iPhone SE2は以下のようなスペックになると考えられます。

iPhone SE2の予想などに関してはApple製品の関連情報を掲載する「Macworld」などが参考になるのではないでしょうか。

iPhone SE2の予想スペック

ディスプレイ4.2インチ
RAM2GB~3GB
ROM32GB/128GB
カメラ約1200万画素/約500万画素
バッテリー1,640mAh-1,700mAh
カラーシルバー・ゴールド・スペースグレイ
デザインベゼルレス(ノッチ型)

速報から発売情報を予想する

続いてはこれまで出ている情報から、iPhone SE2の発売スケジュール予想してみましょう。

新型iPhoneのスケジュール

ここ数年、新型のiPhoneは9月に発表され同月~2ヵ月以内に発売という販売スケジュールとなっています。

今年も例年通りとなるなら、9月の第2週となる「9月10日」か「9月11日」にAppleのスペシャルイベントが開催されるのではないでしょうか。

発表後、特に問題が無ければ同月内に販売が開始されると思います。

ちなみに下記の表で記載している日付はすべて米国時間となっていますので日本の場合基本的に1日のずれがあります。

例えば去年のAppleのスペシャルイベントはライブストリーミングも提供されていましたが、時差があったため日本では9月13日午前2時からのスタートとなりました。

今年もライブストリーミングが提供されると思われますが視聴予定の方は時間に気を付けておくようにしましょう。

iPhoneの発表と販売開始日

モデル発表日(米国)発売日
iPhone SE2016年3月21日2016年3月31日
iPhone 7/7 plus2016年9月7日2016年9月16日
iPhone 8/8 plus2017年9月12日2017年9月22日
iPhone X2017年9月12日2018年11月3日
iPhone Xs/Xs Max2018年9月12日2018年9月21日
iPhone XR2018年9月12日2018年10月21日

発売しない可能性は?

スペックのご紹介時にも触れていますが、2019年登場予定の新型iPhoneは多くのメディアで「3モデル展開」が予想されています。

一番安い下位モデルがiPhone SE2となる可能性もありますが、現段階でのスペックを見る限りその可能性は低いのではないでしょうか。

しかし、かつてAppleはiPhone SEを9月ではなく3月に発表・発売したという経緯があります。

この経緯などから、「2019年秋9月・2020年初頭(3月)にiPhone SE2が登場するのではないか」という予想をする海外メディアもあるようです。

このリークは主にApple関連製品情報を伝える「MacRumors」によるものでしたが、可能性としては十分あり得るのではないでしょうか。

iPhone SE2の発売情報予想まとめ
  • 2019年9月には登場しない可能性が高い
  • 2020年初頭(3月に)サプライズとして発表されるかも

何故iPhone SE2は待望されている?

2016年3月に発売されたiPhone SEは2018年9月の販売終了まで長きに渡って愛されるロングセラーモデルでした。

当時としては最先端のスペックとあまりにも使いやすいデザインで、日本はもちろん世界中で大ヒットを記録したのをご存じの方も多いでしょう。

しかし現在ではApple Storeの公式ラインナップからも外されているため、iPhone SEがいかに優れたモデルであったか知らない方も多いはず。

最後に何故iPhone SE2の登場がこれほどまでに期待されているのかその理由をご紹介しておきましょう。

iPhone SEはAppleの最高傑作

AppleのiPhoneシリーズは既に第12世代目となっていますがiPhone SEを「最高傑作」と考えるユーザーは未だ多いものです。

例えば近年のiPhoneはスペックの目まぐるしい進化が続いており、今やノートPCに匹敵する性能となっています。

ただしそれに比例して本体の大型化が行われており、今や5インチ以上のディスプレイサイズは当たり前となりました。

これはiPhoneに限らずスマートフォンメーカー全体の傾向と言えるでしょう。

iPhone SEは大型スマホが少ない2016年にあって最少サイズの4.0インチディスプレイを採用し、無駄を省いたデザインで多くのiPhoneユーザーの支持を獲得しました。

イヤホンジャックの搭載や日常生活に支障のないスペックなど、iPhone SEは他にも様々なメリットを持っていた事も人気の秘密です。

また、2019年登場予定の新しいiOSアップデートの対象機器にもなっている事も長きに渡って愛用されている一因ではないでしょうか。

iPhone SEの評価・レビュー|発売から数年、2019年でも買う判断ポイント

他のiPhoneシリーズの価格が高い

スペックの進化・ディスプレイの大型化と並んで、もう1点注目したいのはiPhoneシリーズの価格です。

2018年に登場した新型iPhoneのSIMフリー版は、廉価版であるXRの2タイプを除いてすべて10万円を超えており高額な価格設定が話題となりました。

大手キャリアのキャンペーンなどを利用すれば機種代金を抑える事もできますがSIMフリー版はそのような割引が無かったため購入を見送った方も多かったはずです。

対してiPhone SEは登場時から16GBで52,800円(税別)・64GBで64,800円(税別)という圧倒的なコストパフォーマンスを実現していました。

2019年現在ではApple Storeでの取り扱いこそ無いものの、格安SIMや中古ショップで更に安い価格で入手する事ができます。

必要最低限のスペックを持ったiPhoneを低価格で入手できるとあって、現在でも人気は高いのです。

もちろん以降に登場したiPhone 7/8なども価格が下がっているのですが、総合的な性能を考えてiPhone SEを選ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

仮に小型ディスプレイを採用した低価格のiPhone SE2が登場したなら間違いなく大ヒットを記録するはずです。

iPhone SE2(第二世代)に機種変更するメリットとデメリット解説

iPhone SE2の登場は2020年初頭が濃厚か?

いかがだったでしょうか。今回は2019年に登場予定の新型iPhoneの情報や、iPhone SEの後継機発売の可能性をご紹介しました。

現在出ている情報では、残念ながら2019年中のiPhone SE2登場の可能性は低そうです。

ただしまだまだ2019年中に登場する可能性も捨てきれませんし、一部のメディアが予想しているように2020年初頭に突然発表されるという事もあり得ます。

新型iPhone登場前には様々な憶測・予測が飛び交いますがあくまで参考情報程度に考えておくのが良いのではないでしょうか。


※ahamo(アハモ)に関する公式の注意事項はこちら
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円分までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費11,000円(税込)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,100円(税込)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
※ご利用料金1,000円(税抜)につき100ポイント
※端末等代金分割支払金・各種手数料など一部の料金はポイント進呈の対象外となります。
※ahamoをご契約の方は、「ドコモ光」ご利用料金のみ10%ポイント還元いたします。
この記事を書いた人
みけねこ
契約社員・ウェブライターのWワークで活動しています。 10年以上ドコモユーザーでしたが3年ほど前に格安SIMを使い始めました。特にお得なキャンペーン情報には目がありません。「スマホはお得が一番」をモットーに、 最新機種はもちろん料金プランなどの情報をユーザーの目線からわかりやすくご紹介していきます。