読了時間:約 2

モデルチェンジの度に値段が高くなるiPhoneですが、今回発売される2019年新型iPhoneも例年通り値上げとなってしまうのでしょうか。

今回はそんな2019年新型iPhoneの値段を、歴代iPhoneのスペックと比較しつつ予想していきます。

iPhoneが欲しいけれど価格がネック、価格次第ではiPhoneにしても良いかな、等と考えている方は是非参考にして見て下さい。

ドコモ iPhone XR/XS/XS MAX、pixel、Galaxyなど人気機種が大幅値下げ!

新機能追加で値段はうなぎ登り?

自分に合った購入先で2019年新型iPhoneを最安で予約して得をしよう

年々高くなる新型iPhone

結論から言って、過去の傾向から推察するに、2019年新型iPhoneはiPhone Xsより更に高額なモデルとなるでしょう。

ナンバリングの変更、大幅なハードウェア刷新、Proモデルの追加など、新型iPhoneは高額化する条件が整いすぎています。

直近で言えば、iPhone Xは当時のスマホ市場ではかなりの高額機種としてデビューしました。

今回発売される新型iPhoneのProモデルは発売当時のiPhone Xと同じような位置付けになると考えられ、そうすると値段も大きくアップする恐れがあります。

現時点で具体的な数字を出すことは難しいですが、スペックを見る限り15万円を超える価格で販売されてもおかしくはないでしょう。

とは言え、新型iPhoneにはProモデル以外にも通常モデルが設定されているため、すべての機種が大幅な値上げをするというわけではありません。

少なくとも、「新型iPhoneの価格は最低でも15万円以上」というようなことにはならないでしょう。

iPhone比較|サイズ・価格で総合おすすめは新型iPhone?旧モデル?

スペックが大幅に上がると値段も追従する傾向


前項で取り上げたiPhone Xがまさにそうですが、大幅なスペックアップが行われると、比例して値段も高額化する傾向にあります。

特にiPhone Xの高額化は凄まじく、よく比較されるiPhone 8 の価格は67,000円(税別)であったにも関わらずiPhone Xは112,800円(税別)と非常に高額でした。

今回のラインナップで言えば、通常モデルとProモデルの価格差がiPhone 8とiPhone Xの価格差と同じような構図となる可能性が高いです。

ストレージ容量の大きなモデルを選ぶとなると、キャリア割引を使っても実質負担額が10万円に迫ってしまうかもしれません。

無理にProモデルに拘ると、毎月の分割代金に苦しむことになるので、高いスペックが必要無いのなら、Proモデルではなく通常モデルを選ぶことをおすすめします。

iPhone 11をお得に購入したい方は、加えて是非こちらもチェックしてみてください。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

韓国の半導体ショックも影響する?

韓国は現在日本の貿易優遇措置である「ホワイト国」の認定を外されたことで大打撃を受けており、今後半導体の輸出に大きな影響が出ることが予想されています。

一見、この問題は新型iPhoneとはなんら関係ないように思えますが、実は韓国の半導体ショックと新型iPhoneの間には密接な関係があります。

というのも、iPhoneの部品の多くは韓国で製造されているため、韓国が部品を作れなくなるとiPhoneの部品が高騰し、結果として新型iPhoneの価格に影響が出るのです。

ただ、現在Appleは韓国製の部品に依存した状態からの脱却を図っているため、価格に大きな影響が出ることはないでしょう。

多少の価格高騰は避けられないかもしれませんが、『一気に10万円以上値上げする』というようなことが起きる可能性はほとんどありません。

歴代iPhoneのスペックと価格表


 iPhone 5siPhone 6iPhone 6siPhone 7iPhone 8iPhone XiPhone XsiPhone XR
SoCA7A8A9A10 FusionA11 BionicA11 BionicA12 BionicA12 Bionic
ストレージ16GB1/32GB/64GB16GB1/32GB/64GB32GB/128GB32GB/128GB64GB/256GB64GB/256GB64GB/256GB/512GB64GB/256GB/512GB
カメラシングルカメラ(8万画素)シングルカメラ(8万画素)シングルカメラ(12万画素)シングルカメラ(12万画素)シングルカメラ(12万画素)デュアルカメラ(12万画素)デュアルカメラ(12万画素)シングルカメラ(12万画素)
ディスプレイ4インチ 液晶ディスプレイ(Retina)4.7インチ 液晶ディスプレイ(Retina HD)4.7インチ 液晶ディスプレイ(Retina HD)4.7インチ 液晶ディスプレイ(Retina HD)4.7インチ 液晶ディスプレイ(Retina HD)5.8インチ 有機ELディスプレイ(Super Retina HD)5.8インチ 有機ELディスプレイ(Super Retina HD)6.1インチ 液晶ディスプレイ(Liquid Retina LCD)
サイズ123.8 mm×58.6 mm×7.6 mm138.1 mm×67.0 mm×6.9 mm138.3 mm×67.1 mm
×7.1 mm
138.3 mm×67.1 mm×7.1 mm
138.4 mm×67.3 mm×7.3 mm
143.6 mm×70.9 mm×7.7 mm
143.6 mm×70.9 mm×7.7 mm150.9mm×75.7mm×8.3mm
重さ112 g129 g143 g138 g148 g174 g177g194g
最低価格71,800円(税別)67,800円(税別)86,800円(税別)72,800円(税別)78,800円(税別)112,800円(税別)112,800円(税別)84,800円(税別)

一目見て分かる通り、iPhone Xは同時発売されたiPhone 8よりも3万円以上高額となっており、大幅な値上がりが目立ちます。

9のナンバリングをあえて使用せず次世代機であることを強くアピールしただけあって、iPhone Xは高い性能を持つものの、それに追従して値段も高額となりました。

他にはiPhone 6からiPhone 6sへ移行する際にも大きな価格高騰が起きていますが、これに関しては明確な理由のない値上げとなっています。

実際にiPhone 6もiPhone 6sもアメリカでの販売価格は649ドルであったにも関わらず、なぜか日本での販売価格は2万円近く高騰。

強いて言えばiPhone 6sが途端に高額な価格設定となったのは、高過ぎる人気が裏目に出たと言えるでしょう。

iPhone 6s発売当時はiPhone人気が加速している絶頂であったため、それに応じて販売側も値段を釣り上げたのです。

逆のケースでは、iPhone XRはあまり人気が出ず大幅な値下げを実施し、最終的には実質負担額3万円程度で購入できるようになりました。

このように、iPhoneが値上がりする背景には性能や機能以外にも人気の高低などの要因が絡みます。

現時点では人気機種となり、高額化することが予想される新型iPhoneですが、場合によっては値下げにより購入しやすくなるかもしれません

次のページでは、「価格が大幅に上がった時に起きたこと」をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2