読了時間:約 2

iPhoneの付属品として必ず同梱されている純正イヤホン。

そんな純正イヤホンには実は長い歴史があり、iPhoneのモデルチェンジに合わせて度々仕様変更がなされています

今回はそんなiPhone付属のイヤホンが2019年新型iPhoneではどう変わるのかを、歴代モデルを比較しつつ予想していきます。

新型iPhoneを心待ちにしているという方はもちろん、新型iPhoneの発売に合わせてイヤホンを買い換えようと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

無料音楽アプリおすすめ人気ランキング【2019年版】iPhone/Android対応

仕様が変わりやすいiPhoneのイヤホンの歴史


iPhoneはナンバリングが変わるごとに大幅な仕様変更がなされることで有名ですが、それは付属のイヤホンも同じ。

毎回というわけでは無いものの、モデルチェンジを経て形状が変更されたり、音質が向上したりと様々な進化を遂げています。

新型iPhoneのイヤホンがどうなるかを予想する前に、まずはiPhoneに付属した歴代イヤホンがどのように進化してきたのかを見ていきましょう。

初登場はiPhone 3GS

iPhoneにイヤホンが付属し始めたのはiPhone 3GSの時からで、iPodなどに付属するものと同じイヤホンが付属しました。

第3世代イヤホン」と呼ばれるiPhone 3GS付属のイヤホンはオマケのイヤホンにしてはかなり音質が良く、愛用する方も多いイヤホンです。

ただ、当時のイヤホンは音漏れという問題を抱えており、口径の大きな金属メッシュ構造であることも相まって大音量で使いにくいという問題を持っていました。

総評としてiPhone 3GSに付属したイヤホンは音質こそ悪くないものの、全体的な品質はあくまでおまけのイヤホンのレベルを脱しないレベルのものと言えるでしょう。

実際に当時はiPhone付属のイヤホンではなく、他社製のイヤホンを愛用する人も少なくありませんでした。

iPhone 5で大幅な進化を遂げた


画像引用元:EarPods with 3.5 mm Headphone Plug – Apple(日本)
iPhoneに付属するイヤホンが大きく進化する転機となったのはiPhone 5に同梱された第4世代イヤホン「EarPods」からです。

EarPodsはこれまでのイヤホンとは全く違うデザインとなっており、音漏れの原因となっていた金属メッシュ部分の面積を大幅に削減。

出音部分がより耳の奥に入り込む形状となったため、課題だった音漏れがほとんど気にならないレベルにまで軽減されました。

EarPodsはアップデートが続けられ、現在でも販売されています。

改良が加えられているとはいえ、発売から7年近い月日が経っているにも関わらず大きな変化がないことは、EarPodsが優秀なデザインであることの証明と言えるでしょう。

iPhone 7ではイヤホンジャックが廃止に


画像引用元:EarPods with Lightning Connectorを購入 – Apple(日本) – Apple(日本)
イヤホン形状こそ変わらなかったもののiPhone 7からはイヤホンジャックが無くなったため、それに合わせてEarPodsの端子もLightning端子に変更されました。

イヤホンジャックの廃止は薄型化にあたって必須であったために仕方ないことと言えますが、この改良は未だに賛否両論となっています。

特に社外製のイヤホンが事実上使用不可能となったのは痛手で、高級な他社製イヤホンを愛用していた方からは大きく非難されました。

Lightning端子の採用により音質はiPhone 6sまでのEarPodsより向上しましたが、イヤホンの選択肢がEarPods以外に無くなってしまったのはデメリットと言えます。

とは言え、社外製イヤホンも絶対に使用できないというわけでは無く、変換端子を使えば問題なく使用することが可能です。

また、極限まで音質を高めたい、何かに特化したイコライジングがしたいなどの特別な理由が無い限り、付属のイヤホンを使って音質的な不満が出ることはないでしょう。

そのため、iPhone 7以降のモデルを愛用しているのなら、下手に社外製イヤホンに手を出さず、付属のイヤホンを使うことをおすすめします。

iTunesへCDの曲を取り込む方法まとめ|iPhoneで高音質の音楽を

歴代イヤホンの音質は?

どのイヤホンも音質はそこそこ良い部類

前述の通り、基本的にiPhone付属のイヤホンはどの世代のイヤホンも音質は良い部類に入ります。

特にEarPodsが導入されて以降のイヤホンは市販の5,000円〜1万円程度のミドルクラスイヤホンにも匹敵する音質を実現していると言っても過言ではありません。

少なくとも、音楽に特化したスマホに付属しているイヤホンでもない限り、スマホ付属のイヤホンの中で、iPhone付属のもの以上に高音質なイヤホンは存在しないでしょう。

ただ、1万円を超えるような高級イヤホンと比較した場合はやや見劣りしてしまいます。

というのも、iPhone付属のイヤホンは様々な用途を想定して開発されているため、何かに特化したイヤホンと比べると悪く言えば器用貧乏な出音となってしまうのです。

そのため、イヤホンに拘りがあるのなら他社製の高級イヤホンを購入、特にこだわりがなく用途も様々なのであればEarPodsを使うようにすると良いでしょう。

断線による音質劣化は歴代共通


iPhoneに付属するイヤホンは音質こそ高水準であるものの、コードが断線しやすいという難点を抱えています。

断線の症状は、

  • 音が聞こえにくくなる
  • 音が途切れるようになる
  • 音質が悪化する

などで、完全に断線すると全く音が聞こえなくなります。

断線が起きる主な原因としては、

  • イヤホンを縛って保管している
  • イヤホンを引っ張ることがある
  • イヤホンを何かに引っ掛けてしまう

など。長くiPhone付属のイヤホンを使い続けたいのなら、注意してイヤホンを使用するようにしましょう。

イヤホンは基本的に補償が効かないものであるため、断線させてしまうと自分で買い直さなければいけません

見た目は同じでも年々性能は向上している

iPhoneと違いiPhone付属のイヤホンは定期的にリニューアルされることがなく、基本的には同じ外観のものが同梱されています。

これはイヤホンがiPhoneだけに付属のではなく、iPodなどにも付属しているためで、iPhoneの発売に合わせて新型をリリースするのが難しいというのが原因でしょう。

しかし、性能に関しては年次改良が加えられているおり、音質や耐久性などは年々高まっています

例えばEarPodsはiPhone 5に付属した当時は後述する断線問題が相次いだものの、最近のEarPodsは昔に比べて断線しにくくなったと評判です。

古いイヤホンを愛用していて、新しいイヤホンは予備で保管しているという方は1度新しいイヤホンを試してみると良いでしょう。

劇的な変化こそ無いかもしれませんが、新しいイヤホンの方が高音質に感じられるはずです。

次のページは、「新型iPhone付属のイヤホンはどうなる?」をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2