読了時間:約 2

2019年も半分以上が終わり、いよいよ新型iPhoneが発表されるシーズンとなりました。

iPhoneが発売されるにあたって気になるのが「どこのキャリアで購入するのがお得か」ということ。

新しいiPhoneの登場を待っていたという方にとって、どのキャリアなら安く買えるのかは非常に気になることと言えるでしょう。

今回はそんな2019年版iPhoneが気になっている方向けに、過去の傾向を参考にどこのキャリアで購入するのが最もお得となるのかを解説していきます。

2019年秋発売の新型iPhoneは11、9、SE2どれが濃厚?最新iPhone情報

2019年版iPhoneはどこで買うのがお得?

乗り換えキャンペーンを利用するのがベスト

新しいiPhoneが発売されると、大抵すべてのキャリアが「乗り換えキャンペーン」を実施します。

乗り換えキャンペーンの概要は大きく分けて、

  • 機種乗り換え(機種変更)キャンペーン
  • キャリア乗り換えキャンペーン

の2つ。ほとんどの場合お得なのはキャリア乗り換えキャンペーンの方で、キャリアによっては数万円のキャッシュバックを実施しているケースもあります。

もちろん、機種変更キャンペーンにも魅力がありますが、最安で2019年版iPhoneを購入したいのならキャリア乗り換えキャンペーンを選択することになるでしょう。

キャッシュバック・割引額を見るのが手っ取り早い


キャリア乗り換えキャンペーンがお得」ということが分かったところで、次に重要となるのが「どのキャリアのキャンペーンを利用するのか」ということ。

これはそこまで難しい問題ではなく、キャンペーンの優劣はキャッシュバックや割引の金額を比較してみることで簡単に分かります。

ただ、キャンペーンの優劣を確認する際には必ず適用条件を確認しておかなければいけません。

というのも、条件次第では例えキャッシュバック・割引額が大きくても、結果的に損をしてしまうことがあるからです。

例えばキャッシュバック額が5万円のキャリアA、3万円のキャリアBがあったとしましょう。

一見するとキャリアAのキャンペーンの方がお得に見えるものの、キャンペーンの適用条件が「指定のオプションに加入必須」などで合った場合は要注意です。

指定されたオプションが安い、いつでも解約可であるなら問題ありませんが、高額かつ一定期間解約が不可能であった場合は、長期的に見ると損をしてしまいかねません。

このような事態を避けるためには、

  1. キャッシュバック・割引額を比較
  2. 適用条件を調べる
  3. 実質負担額を計算する

という手順で比較を進めていく方法が有効です。キャンペーンを利用して機種変更をするつもりであるならば、この方法を必ず覚えておきましょう。

買う?買わない?新型iPhone発売でiPhoneXRとiPhoneXSの値下げはあるか

モデルによってもお得なキャリアは異なる

iPhoneだけに限らずスマホには同じ機種でも性能や価格が異なるモデルが存在します。

そして、キャリアによっては特定のモデルを他のモデルより更に安く販売していたり、特定のモデルだけをキャンペーン対象にしていたりすることがあるのです。

このような事情があるため、乗り換えキャンペーンを比較する際は、対象となっているモデルをよく確認しておかなければいけません。

うっかり忘れてしまうと、あまりお得ではないキャリアに乗り換えてしまったり、割高な金額でiPhoneを購入することになったりするので注意しましょう。

過去の傾向から最安キャリアをズバリ予想!

ドコモ


画像引用元:NTTドコモ ホーム
ドコモは3つの大手キャリアの中では最も総務省の意向に忠実なキャリアで、現状キャッシュバック等での大幅な割引にはあまり期待できません

そのため、ドコモでiPhoneへ乗り換える際は、ドコモの提供する割引キャンペーンやドコモオンラインショップ限定キャンペーンを利用して乗り換えることになるでしょう。

ドコモには以前「端末購入サポート」と呼ばれる割引キャンペーンがあり、新型iPhoneは去年までその端末購入サポートを適用して購入するのが通例でした。

しかし、総務省の意向によりプランや割引の大幅な見直しを迫られ、端末購入サポートは廃止となってしまいました。

端末購入サポートの消滅により直接的な割引こそ無くなりましたが、現在は似たサービスとして「スマホおかえしプログラム」と呼ばれる制度が新たに登場しています。

スマホおかえしプログラムは36回払いにてスマホを購入し、24回目の支払い終了時に機種変更をすると残債が支払い不要となるキャンペーン。

キャッシュバックや割引などとは少し違うキャンペーンとなっていますが、今後iPhoneを購入する場合はこのスマホおかえしプログラムを利用することになるでしょう。

参考までに現行モデルのiPhone Xs 64GBをスマホおかえしプログラムを利用して購入した場合の実質負担額は85,536円(税込)

新型iPhoneはもう少し高額な価格設定となる予想であるため、実質負担額は9万円を超えるでしょう。

au


画像引用元:キャンペーン・割引特典 | スマートフォン・携帯電話 | au
以前までauはソフトバンクと並んでキャッシュバック額の大きいキャリアでしたが、現在はドコモ同様ほとんどキャッシュバックを実施していません。

限定キャンペーンなどでポイントバックが行われることはあるものの、現金でのキャッシュバックを受けられることはほぼないでしょう。

現在auで主流となっている割引は『アップグレードプログラムEX』と呼ばれるもので、48回払いで端末を購入し、24回目で機種変更をすると残債が支払い不要となります。

割引内容自体はドコモのスマホおかえしプログラムと似ていますが、最大割引額は半額とスマホおかえしプログラムよりお得なのが特長的

iPhone Xs 64GBモデルをアップグレードプログラムEXにて購入した場合の実質負担額は64,320円(税込)とドコモより2万円以上安く購入出来ます。

現金やポイントでキャッシュバックされない点は残念ですが、割引がどんどん規制されていく中で機種代金が半額も割引が行われることは稀です。

そのため、auへ乗り換える場合はアップグレードプログラムEXを用いて新型iPhoneを購入することになるでしょう。

ソフトバンク


画像引用元:SoftBank(@SoftBank) | Twitter
ソフトバンクは現在では珍しいキャッシュバックを利用出来るキャリアとなっています。

新型iPhoneのような目玉機種ともなればキャッシュバック額はかなり高額となる傾向があり、場合によっては6万円前後のキャッシュバックを受けることも可能です。

ただ、キャッシュバックが受けられるのはネット代理店を使ってソフトバンクに乗り換えた場合のみ。

機種変更や公式オンラインショップで新型iPhoneへ乗り換えてもキャッシュバックを受けることは出来ません。

そのため、キャッシュバックを受けて新型iPhoneを購入したいのなら、ネット代理店経由で乗り換えるようにしましょう。

次のページでは、「乗り換えるなら実店舗?オンライン?」をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2