BIGLOBEモバイル DMMモバイル 格安SIM・格安スマホ
読了時間:約 2

格安SIM会社は大手キャリアよりも低価格で利用できるため、月々の携帯料金を大幅に節約する事が可能です。決してデメリットが無いわけではありませんが、大手キャリアの料金に不満を持っていたユーザーなら乗り換えを行って満足できる確率は高いと言えます。

そんな格安SIM会社は近年急速に数が増えており、現在ではシェアや認知度の高さにはっきりとした違いが出ています。ここでは数多くある格安SIM会社の中でも、シェアや認知度の高さから選んだ20社のエリアや料金・特徴などを比較しています。

最終的におすすめの格安SIMについてもご紹介していますので、これから乗り換え等を検討している方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

格安SIM会社のシェアはどれくらい?

CMなどで目にする機会も増えたことから、2018年となった現在では格安SIMの事を知っている方は以前より多くなったのではないでしょうか。

認知度が向上した事で格安SIMのシェアも伸び続けており、マーケティング会社のMMD研究所が2018年8月22日~8月30日の間に実施した調査を参考にすると現在の格安SIM会社(MVNO)のシェアは昨年より2.8%増加した11.3%という結果になっています。

一方、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリア3社のシェアを合わせると80.6%で半年前よりもわずかながら減少しています。

マーケティング会社1つのデータのみ参考にしているため必ずしも正しい訳ではありませんが、この結果だけで考えると「大手キャリアから格安SIMに移行する人は少しずつ増加している」という事が言えるでしょう。

増え続ける格安SIM会社

2018年現在、大手キャリアの回線を借りて運用される格安SIM会社(MVNO)はどれくらいあるかご存知でしょうか。CMなどで目にする会社を含めても、一般ユーザーが知っている格安SIMは数十社ほどに留まるはずです。

しかし、格安SIM事業に参入する会社は近年急激に増加しており、その数は100社をゆうに超えているのです。2017年の12月末時点で817社が格安SIM事業を行っているという総務省のデータもありますので、目にする機会がないだけで実際には多くの会社があるという事になるでしょう。

宣伝のみならずHPすらない会社も中にはあるでしょうし、そもそも格安SIMは大手ですらシェアを奪い合っている厳しい現状があります。格安SIM会社を選ぶ際は通信料の安さだけで考えず、安定して運営を行う大手を利用するのが良いのではないでしょうか。

大手キャリアとの比較

ドコモ・au・ソフトバンクの大手3キャリアは、総務省の要望を受けて携帯料金の値下げへと動いています。「携帯料金が4割下がる」というニュースを見て驚いた方もいらっしゃるでしょうが、現状はまだ詳細が発表されておらず各キャリアの今後の動きを注視する必要性があるでしょう。

auは既に「ピタットプラン/フラットプラン」にて通信料の値下げを行い、ソフトバンクは「ウルトラギガモンスター」・ドコモは「docomo with」という新たなプランを近年出しています。

また、ドコモは今後「分離プラン」にて通信料を値下げする事を発表しましたが、具体的な値下げ幅はまだ分からないのが現状です。

「分離プランは」端末代の値引きが無くなるというデメリットもありますし、格安SIMであればデータだけで500円以下・データ+通話で1,100円代のプランも用意されています。

2018年以降はどうなるか分かりませんが、現状ではまだ格安SIM会社の方が月々の料金を安くする事が出来るのは間違いありません。

格安SIMの主要メリット

  • 大手キャリアより料金が安い
  • 最低契約期間が1年のものが多い
  • 会社・プランなどの選択肢が多い

格安SIMの主要デメリット

  • 通話・発信が多い方は大手より高くなる可能性有り
  • キャリアメール・サービスが使えない
  • 実店舗が少なくアフターサービスで劣る

主要格安SIM会社をチェックしよう

先にご紹介した通り、格安SIM会社の数は近年急激に増加しています。すべてをご紹介する事は出来ませんが、認知度やシェアを基準に現在利用する事が出来る格安SIM会社をチェックしてみましょう。

認知度やシェアのランキングなどは元となっている調査によって微妙に差異がありますが、ここではひとまず先ほどご紹介したMMD研究所のデータを元にご紹介していきます。

主要な格安SIM会社23社


画像引用元:mineo(マイネオ)|au・ドコモ・ソフトバンク対応の格安スマホ(SIM)

MMD研究所のデータを元にすると、現在メインで利用されている格安SIMは「その他」を除くと合計23社が存在します。

このうちFREETEL SIMは楽天モバイルに買収された事で2017年12月4日にサービス終了となりましたから、一定以上のシェアを獲得している格安SIM事業者は22社存在する事になるでしょう。

1位は楽天モバイル、2位はmineoとなっていますが、どちらもCMなどで目にする機会も多いためご存じの方も多いはずです。3位からはキャラクターを起用したCMが目を惹くUQ mobile・NTTコミュニケーションズが運営を手掛けるOCN モバイル ONEと知名度が高い格安SIM会社が並んでいます。

中にはCMや広告をあまり出していない格安SIM会社もありますが、運営や販売を行っているのは有名な会社が多いため会社名は知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに、楽天モバイルはマーケティング会社のMM総研が調査した結果を元に、mineoはMMD研究所の調査結果を元にそれぞれHP上で「契約数No.1」を謳っています。調査会社によって多少の違いはありますが、どちらも格安SIM会社の中で高いシェアを誇っているのは疑いようもない事実です。

格安SIM
(MMD研究所:メインで利用している格安SIMサービス)
販売・運営会社
楽天モバイル楽天株式会社
mineo株式会社ケイ・オプティコム
UQ mobileUQコミュニケーションズ株式会社
OCN モバイル ONENTTコミュニケーションズ株式会社
IIJmio株式会社インターネットイニシアティブ
BIGLOBEモバイルビッグローブ株式会社
イオンモバイルイオンリテール株式会社
DMM mobile合同会社DMM.com
LINEモバイルLINE モバイル株式会社
BIC SIM株式会社ビックカメラ
nuroモバイル(0sim含む)ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
NifMoニフティ株式会社
U-mobile株式会社U-NEXT
J:COM MOBILE株式会社 ジュピターテレコム
TONEモバイルトーンモバイル株式会社
DTI SIM株式会社 ドリーム・トレイン・インターネット
b-mobile日本通信株式会社
ワイヤレスゲート株式会社ワイヤレスゲート
エキサイトモバイルエキサイト株式会社
LIBMO株式会社TOKAIコミュニケーションズ
ヤマダニューモバイルY.U mobile株式会社
BICモバイルONE株式会社ビックカメラ

その他の格安SIM会社

上記はMMD研究所のシェア数を元にしたランキングでしたが、当然これ以外にも格安SIM会社は多くあります。例えば株式会社LogicLinksが運営するLinksMateや株式会社エコノミカルのロケットモバイルなどは格安SIMランキングにもよく登場する知名度が高い会社です。

その他にも、四国電力グループのFiimoや沖縄だけで営業されているレキオスモバイルなどマイナーな格安SIM会社は以外と多くあります。一部下記でご紹介していますので、上記のシェアの高い格安SIM事業者を合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

格安SIM販売・運営会社
LinksMate株式会社LogicLinks
ロケットモバイル株式会社エコノミカル
hi-ho株式会社ハイホー
Fiimo四国電力グループ/STNet
レキオスモバイル株式会社レキオス
大館ケーブルスマホニューデジタルケーブル株式会社
G-Call SIM株式会社ジーエービー
イプシムWITH Networks有限会社

主要20社!エリア・基本料金・特徴で比較しよう

ここからは上記でご紹介した格安SIM会社のうち、主要な20社を比較していきましょう。今回比較のポイントにしているのは主にエリア・基本料金・特徴の3つです。

メインで利用している格安SIMサービスのうち、既にワイヤレスゲートは新規受け付けを終了。また、基本的に端末の購入が前提となるTONEモバイルやデータ専用SIMの取り扱いが主となるb-mobile等は今回除外しています。

近年格安SIM会社は料金以外にも様々な独自サービスを打ち出しており、それぞれ何らかの強みを持っているのが特徴となっています。このため、料金とともに自身のスマホの使い方に合った特徴を把握しておく事は重要なポイントとなります。

シェアの高い格安SIMを中心にご紹介していますが、業界最安値の会社は含まれていますのでご安心ください。

エリアの比較

格安SIM会社(MVNO)は大手キャリア(MNO)の回線を利用して運営されていますので、どの会社であろうと基本的に利用できるエリアに大きな違いはありません。

ドコモ系MVNOならドコモの対応エリア、ソフトバンク系MVNOならソフトバンクの対応エリアといったように格安SIM会社は大手キャリアの対応エリアに準拠しています。

基地局の電波が届かないような山奥では電波が届かないような事もありますが、それ以外では基本的に日本全国どこでも利用する事ができるのではないでしょうか。

対応エリアは各キャリアのHPをチェックしてもらうとして、格安SIM会社が使用している回線については下記の表を参考にして下さい。(ドコモ・au・ソフトバンク/4G LTE各対応エリア)

全体的に大手キャリアでNo.1のシェアを誇るドコモ回線が多くなっていますが、これはauがUQ mobile・ソフトバンクがY!mobileという独自の格安SIM・スマホ会社を傘下に置いている事も関係しているのでしょう。

また、これまで格安SIM会社の通信速度は大手キャリアのサブブランド(UQ mobileやY!mobile)に比べて遅いという所謂「速度差別」が問題視されていました。

実際に速度差別が行われていたかは定かではありませんが、総務省が明確に言及した事により今後格安SIMによる通信速度の優劣は無くなると思われます。

大手キャリアと比較して遅いと言われる事もある格安SIM会社ですが、高スペックを要求されるゲームでもしない限り通常使用する分には問題ないのではないでしょうか。

格安SIM/回線ドコモauソフトバンク
楽天モバイル
(データ専用SIMは無し)
×
mineo
UQ mobile××
OCN モバイル ONE××
IIJmio
(データ専用SIMは無し)
×
BIGLOBEモバイル
(データ専用SIMは無し)
×
イオンモバイル×
LINEモバイル×
DMM mobile××
BIC SIM
(データ専用SIMは無し)
×
NifMo××
nuroモバイル×
(データ+SMSなし)
J:COM MOBILE××
U-mobile××
DTI SIM××
LIBMO××
ヤマダニューモバイル××
エキサイトモバイル××
LinksMate××
ロケットモバイル×
(データ専用あり)

基本料金の比較

エリアの違い・利用している回線について理解した所で、続いては基本料金の違いをチェックしてみましょう。大手キャリアと同じく、格安SIMにはデータ通信だけの「データSIM」やSNS(ショートメール)の機能を加えた「SMS機能付きSIM」も存在しています。

通話付きのSIMよりも上記2つの方が料金が安くなる傾向がありますが、大手キャリアからの乗り換えを検討している方は基本的に「音声通話付きSIM」が主目的となるのではないでしょうか。

500MB~5Gまでで20社の音声通話付きSIMの料金を比較すると、下記のようになります。500MBで利用する事が出来る格安SIM会社は少ないですが、現状ではイオンモバイルが最安。また、2GB~3GB以上ではロケットモバイルがほぼ独占という結果になりました。

nuroモバイルの0.2GBお試しプランを除くと、各社無制限でネットが使える低速通信・お試しプランを設けているのが特徴的です。無制限にネットが使えるというと聞こえはいいですが、速度は遅いためメール・ちょっとした検索のみでスマホをあまりいじらないという方以外はおすすめ出来ません。

全体的に5GBまででも2,000円前後に収まっていますから、大手キャリアと比較するとどの格安SIM会社を選んでも料金を安く抑える事が出来るのは間違いないでしょう。

格安SIM/音声通話付き
(2018年)
500MB/1GB2GB/3GB4GB/5GB
楽天モバイル-/-
低速通信(200kbps)
ベーシックプラン
1,250円
-/1,600円
(実質3.1G)
-/2,150円
mineo
A:au
D:ドコモ
S:ソフトバンク
○/-
A:1,310円
D:1,400円
S:1,750円
-/○
A:1,510円
D:1,600円
S:1,950円
-/-
UQ mobile-/--/1,680円-/-
OCN モバイル ONE-/--/1,800円-/-
IIJmio-/--/1,600円-/-
BIGLOBEモバイル-/1,400円-/1,600円-/-
イオンモバイル1,130円/1,280円1,380円/-1,580円/-
LINEモバイル-/1,200円-/1,690円-/2,220円
DMM mobile-/1,260円
低速通信(200kbps)
ライトプラン
1,140円
1,380円/1,500円-/1,910円
BIC SIM-/--/1,600円-/-
NifMo-/--/1,600円-/-
nuroモバイル-/-
0.2Gお試しプラン
1,000円
1,400円/--/-
J:COM MOBILE-/--/1,600円-/2,100円
U-mobile-/--/1,580円-/1,980円
DTI SIM-/1,200円-/1,490円-/1,920円
LIBMO-/-
(低速通信ライトプラン1,180円)
-/1,580円-/-
ヤマダニューモバイル-/-
(シンプルプラン1,250円)
-/1,600円(3.3GB)-/2,150円(5.3GB)
エキサイトモバイル
(音声通話オプション+700円)
630円/660円
(最適料金プラン)
770円/880円1,150円/1,450円
LinksMate-/1,100円-/--/2,100円
ロケットモバイル-/1,250円
(神プラン948円)
1,300円/1,400円-/1,800円

特徴で比較

格安SIMは差別化のためそれぞれ独自のサービスを打ち出していますが、この傾向は特にシェアの高い会社ほど顕著なのではないでしょうか。

自社のポイントが貯まる格安SIM会社はいくつかありますが、その中でも楽天モバイルやロケットモバイルはポイントで携帯料金を支払う事が出来るため魅力的です。

また、DTI SIMやLINEモバイルは一部のサービスでカウントフリー(通信料0)のサービスを実施しているため、YoutubeやLINEなど特定のサービスの利用が多い方にとっては使いやすいのがメリットです。

通信制限を簡単に説明すると「3日間で何GB以上使うと速度が遅くなる」というものですが、条件にはばらつきがあるため事前に確認しておく事が必要です。

契約している通信料を超えると低速になるのはどの格安SIM会社でも同じですので、自身のスマホの使い方を理解しておく事も重要となるでしょう。実店舗はシェアの高い格安SIM会社ほど多くなっていますが、直接相談・即日開通だけでなくサポートも行っているため安心出来ます。

格安SIM特徴通信制限(低速・高速含む)実店舗
楽天モバイル楽天スーパーポイントが貯まる
楽天会員ならお得に利用可能
なし
mineoユーザー同士でパケットを分け合うフリータンクなし
UQ mobileプランが豊富
WiMaxとのセットプランあり
あり
OCN モバイル ONE日割りプランありなし△(家電量販店など)
IIJmio家族向けの割引サービスあり△(家電量販店など)
BIGLOBEモバイルGポイントが貯まるau回線はあり△(家電量販店など)
イオンモバイル29種類の料金プランau回線はあり○(全国のイオン)
LINEモバイルLINEや主要SNSの通信料0なし
データフリーでは制限がかかる可能性あり
△(家電量販店など)
DMM mobileDMMポイントが貯まるあり×
BIC SIMIIJmioのサービスを利用あり○(BIC SIMカウンター)
NifMo家族割・@nifty光とのセット割などあり△(ノジマ)
nuroモバイル0.2GBのお試しプランありあり△(家電量販店など)
J:COM MOBILEUQ mobileのサービスを利用あり
U-mobileU-NEXTの無料サービス提供あり△(家電量販店など)
DTI SIMYoutubeやTwitterなどのデータ容量0プランありなし×
LIBMOTLCポイントが貯まるあり
ヤマダニューモバイルヤマダポイントが貯まるなし○(ヤマダ電機や家電量販店)
エキサイトモバイル1契約最大5枚のSIMを利用可能あり×
LinksMateゲームプレイヤー向けのサービスあり×
ロケットモバイルロケモバポイントが貯まるあり×

おすすめの格安SIM会社は?

ここまで20社の格安SIM会社をエリア(回線)・基本料金・特徴などで比較してみましたがいかがでしたでしょうか。料金だけでなく、特徴も含めると格安SIM会社はそれぞれ独自の強みを持っている事が分かります。

また、他の会社も含めると格安SIMの数は数えきれないほどありますから、比較・検討する時間がある程度必要なのは間違いありません。参考になるかはわかりませんが、上記の比較結果としてここではおすすめの格安SIM会社を2つご紹介しましょう。

トリプルキャリアのmineo


画像引用元:mineo(マイネオ)|au・ドコモ・ソフトバンク対応の格安スマホ(SIM)

mineoは格安SIM会社で現状唯一ドコモ・au・ソフトバンクの3つの回線を提供しており、どのようなユーザーでも乗り換えしやすいのが魅力的です。利用するSIMタイプによって料金が異なるのはデメリットですが、他の格安SIM会社と比較してそれほど大きな差があるわけではありません。

国内通話10分無料のかけ放題プランを含めてもドコモなら2,450円~利用できますし、何よりユーザー同士でパケットを分け合えるフリータンクなどの独自コンテンツは他の格安SIM会社にはありません。

実店舗が都市部に集中している事を除けば、認知度とシェアが高く顧客満足度も高いmineoは初めての格安SIM会社としてもおすすめできます。

実店舗が多いイオンモバイル


画像引用元:業界最安級 イオンの格安スマホ・格安SIM【イオンモバイル】

大手キャリアと同じように、近年実店舗を持つ格安SIM会社も増加してきました。しかし、シェアの高いmineoや楽天モバイルであっても実店舗は都市部に集中している事が多く、地方在住の方はインターネットからの申込みが前提となります。

イオンモバイルは全国200店舗以上のイオンで端末の購入や契約を実施しており、その後のアフターサービスにも対応しています。格安SIMでありながら大手キャリアのように安心して利用する事が出来るのは、大変魅力的なポイントではないでしょうか。

他社と比較しても料金は安くなっていますので、こちらも初めて格安SIMを利用する方に向いているはずです。

キャンペーンを積極的に活用

大手キャリアで利用できるキャンペーンには様々なものがありますが、特に乗り換えや新規契約の際の値引きやキャッシュバックは比較的高額です。

大手キャリア並みとはいきませんがこのような値引きキャンペーンを実施している格安SIM会社も多く、よりお得に乗り換えを行いたいなら事前の確認は必須となります。

例えばイオンモバイルなら2018年11月30日まで特定のプランが値引きされる「3か月間480円引きキャンペーン、mineoは既に終了となりましたが6ヵ月基本料金が値引きになるキャンペーンがありました。

キャンペーンは随時更新されているためタイミング次第となりますが、乗り換えを検討しているなら格安SIM会社のHPチェックは必ず行うようにしておきましょう。

格安SIMで月々の料金を安くしよう

いかがだったでしょうか。今回は数多くある格安SIM会社の中から20社を厳選し、基本料金や特徴などで比較・ご紹介させて頂きました。料金に多少の違いはありますが、どの格安SIM会社を選んでも大手より大幅な費用削減に繋がる事は間違いありません。

現在では独自のサービスや強みを持っている格安SIM会社も多くありますので、最終的には自身のスマホの使い方に合わせて選ぶ事が重要となるのではないでしょうか。これまで使ってきた大手キャリアの価格に不満がある方は、この機会に格安SIM会社への移行を検討してみてはいかがでしょう。

Pocket